ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

モノトーンの世界・・・撮影会

▼会食前に愛機を触りまくる先見塾生たち

senken1


 昨日は、毎月第2・第4火曜日に開催している、先見塾写真撮影会であった。

 正午に熊本ホテルキャッスルに集合、会食を終えて、近場の某所に足を運んだのだった。・・・ところが、先般の水前寺成趣園と違い、美しい鳥たちも、錦鯉も花も何も無い。・・・これは困ったと思いながらも、歩きながらファインダーを覗き込むと、全てがどんよりとした冬の装い。カラーで撮影しても、殆どモノトーンの世界となってしまうほど、光も色も無かった。

 よって、ポートレートを中心に、各塾生の活動風景を撮影し、空いた時間を利用して、寂しげな枯れ葉や無数にぶら下がっている、今にも落ちそうな木の実が付いた木々にレンズを向けてみたのだった。

 上空には、不気味なカラスの鳴き声がこだましている。・・・いやはや、光と影を求めたい気分だったが、撮影会には不向きな半日であった。


▼冬の木々
senken2


▼NIKON D800+SIGMA 12-24mm or NIKKOR 60mm Microで撮影
senken3



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/29 02:11 am

2012年〜肉のオンパレード!!

 2012年、2013年、そして現在までの取材で撮影した「肉」の写真群から一部を抜粋し、90連発の写真アップをすることにした。

 ランダムにピックアップしたものの、断トツだったのは熊本ホテルキャッスルの各レストラン(ダイニングキッチン九曜杏・四川料理 桃花源・トゥール ド シャトー)で撮影したものだった。

 僅か2年余りの短い期間だが、同じレストランの同じメニューを見ても、「日々変化、日々進化。」をしていることは一目瞭然。流石に、「美味しいホテルを目指す」をキャッチフレーズに頑張っているホテルである。

 また、その次に多かったのは、ステーキハウス淀川の「肉」。同レストランは、ロゼッタストーン正規会員でもあり、ITに関しても積極的に取り組んでいるレストランの一つ。一眼レフの趣味が高じて、撮影する写真もなかなかアーティスティックな領域に入り込み、同レストランメニュー写真は、全て店主やセカンドの作品となっている。

 この2年を振り返れば、4年〜5年前と比べ、その取材回数には到底及ばなかった。しかし、敢えて「肉」の質や調理法、器、接遇など総合評価させて頂ければ、ホテルオークラ福岡の桃花林や鉄板焼さざんかが群を抜き、格式高い五つ星ホテルのオーラが漂っていた。最近はなかなか足を運べないが、近々、凄腕の元気なシェフや笑顔が素敵なスタッフたちと再会したいものだ・・・。

※透明感のある写真は、NIKONの一眼レフで撮影したものです。それ以外は、iPhoneでの撮影となります。


meat1


meat2


meat3


meat4


meat5


meat6


meat7


meat8


meat9


meat10



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/28 03:47 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp