ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

モノトーン世界への誘い

monotorne0



 本格的な一眼レフデジカメを手にしたのは1999年だった。写真下のNIKON D1が初めての一眼レフだ。フィルムカメラではNIKON F4を使ってはいたが、スタッフの業務用として導入していた為に、さほど撮影したという記憶はない。

 昨年、NIKON D800用に、どうしても万能マクロレンズが必要となり、サテライトオフィス近くにあるカメラの坂梨を訪ねた。その時、ゲットしたのがNIKKOR 60mmマクロ。それ以降、料理取材には抜群にシャープさと突っ込みの良さを発揮してくれた。

 それから数ヶ月・・・足を運ぼうと思いつつ、数ヶ月遠ざかっていた同店を訪ねた。丁度、昨年11月にNIKON Dfをゲットして、モノトーン専用のオールドレンズ(硝子レンズに鉛が混入されたもの)が欲しくなり、同店主である坂梨予司夫さんに相談をしたのだった。

 彼はあちこち店内を探しているようだったが、直ぐにNIKKOR 20mm(1968年製造開始)のどっしりと重く超広角レンズを持って来てくれた。(どっしり重い=筆者の好み)・・・これが、筆者がモノトーンの世界へどっぷりと入り込む切っ掛けになるとは、その時は全く気付かずのまま購入し、帰宅した。

 オールドレンズであるが故に、外側はあちこち擦れたり小さな傷が付いている。しかし、レンズの中をじっくりと覗くと、レンズ間接合部分の剥がれやゴミが殆どない良質のものだったので、しっかりと時間を掛けてクリーニングをし、愛機NIKON Dfに装着してみた。・・・「おお、これは似合うし、このワイド加減が何とも言えない!」と独り言を呟きながら、明日からの取材を楽しみに床についた。

 それから、筆者の頭の中では、画素数の高い総天然色の箱が飛んでしまい、モノトーンの箱ばかりがぞろぞろと準備されて来たのである。・・・気付けば、メインのNIKON D800はデスク上に飾った状態で、殆どDfばかりを持ち出しては、そのオールドレンズの試し撮りだけでも数千枚を撮影して行った。

 新年明けても、初詣に連れ出したのは勿論Df+NIKKOR 20mmと、何故か35mmオールドレンズ(1959年製造開始)も一緒だ。行きつけのレストランのシェフや厨房、そして、熊本城などをバチバチ撮りまくり、現在に至っている訳だが、この短期間に、オールドレンズフェッチ、フリーク、お宅、マニアと言われる程、それに傾注している次第。

 勿論、高機能一眼レフと高級レンズを使用して、色鮮やかに写すのも良いのだが、今の筆者には、写真を見る側に「想像の世界」を与えてくれるモノトーンに勝るものは皆無である。・・・世界を席巻した日本の技術や職人魂が凝縮された、made in Japanのレンズを手に取ると、すこぶるノスタルジックな世界を、このオールドレンズで切り撮りたいという気持ちが高ぶってくる。

 これは、自分自身も制御不能であるほど、made in Japanに魅せられてしまったようだ。・・・このモノトーンの世界へ筆者を誘って(いざなって)くれた坂梨さんに、心から感謝し、これからは彼が腰を抜かすようなモノトーンの世界の作品を創造できればと考える次第だ。


▼1999年にゲットしたNIKON D1
monotorne1


▼2013年にゲットしたNIKON Dfとレンズ群
monotorne2


▼モノトーンの世界(ポートレート)
monotorne3


▼モノトーンの世界(ポートレート)
monotorne4


▼モノトーンの世界(建造物及び景色)
monotorne5



【ロゼッタストーン異業種交流公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【D&L RESEARCH INC.公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link
【親生流ー書】 http://www.dandl.co.jp/sho/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/12 12:00 am

モノトーンの世界を事業化。

▼ステーキハウス淀川・・・「旬」
yodogawa-poster1


 ここ2年間で温めて来た事は、自社のクリエイティブな制作力のアップと自分磨きであった。・・・と言っても、二〜三日で出来るような即席なものではなく、道具や機材、そしてスキルも、相当研究を重ねて、経験を積まない限り出来ない代物なのだ。

 一昨年10月に、知人(経営者)から勧められて唐突に制作開始した「書」。人生の集大成の一つとして「書」に傾注した。数ヶ月で8000枚を超える半紙に書き殴っていった。それに加え、その1年後の昨年10月頃から本格的な写真撮影にどっぽりと浸かってしまったのだ。

 筆者がこれから先、カミソリの刃の如く追い求めるのは、「モノトーンの世界」。若い世代の方々は、生まれた時からカラーテレビ、カラーの写真と・・・すこぶる素晴らしいメディア環境下で育っているので、逆に「モノトーンの世界」は新鮮ではなかろうかと推察する次第。

 筆者は寝食を忘れ、カメラ本体やレンズとの相性、レンズの特性などを探究すればするほど、どんどんと深い写真の世界に引き込まれて行くのである。更に、1年前にめらめらとボルテージが高まってきた「書の世界」が面白くなり、モノトーンの「書」と「写真」の融合を何とか作品にしたいという、野望が尚更強くなって来たのだった。

 よって、ここらで一つのプロジェクトとして、自社の業務に「モノトーンの世界」を軸とした、「書」と「写真」のコラボ作品の受注生産を開始したいとの結論に至ったのである。生き生きとした仕事人の横顔にフォーカスを合わせると、ゾクゾクするほどその人のオーラや緊張感が伝わって来る。その一瞬間を切り撮った写真。それがモノトーンであれば、見る側へは「想像」という課題を与えてくれる。

 「書」は、数千年の歴史と伝統が今に伝えられている訳で、そこに近代と現代の技術が凝縮された写真というものが加われば、もっと違った世界を表現できるのではないかと考えた次第。・・・高村光太郎の著「美について」を読んだのは、高校一年生の頃だったが、そこに出てきた「玻璃面」という言葉に魅せられた事を、昨日のように思い出すのである。

 本業はIT、マルディメディア、クロスメディアではあるが、その集大成として、アナログな世界(書と光学的な写真映像)を徹底追究して行き、今に辿り着いたような気がしてならない。・・・他人様が飛んで喜ぶような作品作りは並大抵のものではないが、それに挑戦してみようと・・・。また、クオリティの高い取材力をもって、ロゼッタストーン会員の売上アップに繋がるべく、積極的に動き回ろうと考えている。

※ちなみに、昨年末、月間売上最高額(創業以来)を達成したクライアントがあった。実に、喜ばしい限りだ。


▼ステーキハウス淀川・・・「いただきます。」
yodogawa-poster


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏・・・「硝子張りの厨房」
KEIGO-KUDOU


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏・・・「若手シェフ」
GO-HORIBE



【ロゼッタストーン異業種交流公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【D&L RESEARCH INC.公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link
【親生流ー書】 http://www.dandl.co.jp/sho/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/11 02:08 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp