The Rosetta Stone Blog

ホテル文化に学ぶ(5)

▼西田親生が語る「ホテル文化と食文化」
nishida


<肌で感じる文化発信基地>

 連載5日目は、「肌で感じる文化発信基地」である。

 ホテルのホテルと言われる帝国ホテルが、120年以上の長きにわたり、文化発信基地として君臨してきたことは周知の事実である。ディナーショー、ブライダル、ショッピングモール、直営レストラン、バイキング料理、シャリアピンステーキ、ホテルメイドの洋菓子などなど、枚挙に遑がないほど、国内津々浦々まで真新しい文化を常に発信してきた歴史がある。その影響のほどは絶大なもので、そこから欧米化の波が各地に押し寄せ、西洋式ホテルが次から次へと生まれ行ったことになる。

 高級ホテルやリゾートホテルへ足を運び入れると、玄関から入った瞬間に、黙っていても、その歴史や伝統の重みがダイレクトに肌で感じざるを得ない。カルチャーショックという安易な言葉では表現できぬほど、鳥肌が立つほど、魅力的なものばかりだ。

 写真は、私が日々直接足を運び立ち寄るレストランやスタッフ、その他施設を撮影したものだ。一般家庭では見ることができない、珍しい高級家具、漆器や陶磁器、キリッとしたスタッフのタキシード姿、夢のようなチャペルやウェディングドレス、何を食べようかと迷ってしまうほどバリエーション豊かなバイキング料理群、極上黒毛和牛を焼く鉄板、鉄製パンで作られるオムライスなどなど・・・これらの写真では説明できないほど、文化がずっしりと詰まった「館」の存在に腰を抜かしてしまう。

 それが、高級ホテルが文化発信基地であると言われる所以でもあるのだろうと・・・。

 バイキング料理のシーズンとなれば、圧倒的にファミリーや会社関係の団体が多い。子供たちは、夏場はオシャレな浴衣を着て、両親、祖父母と一緒に連れられ、キラキラ光る料理群に目を丸々として、体全体で喜びを表現する。たまにはお行儀悪く、走り回る子供たちもいるが、段々とその雰囲気に触れ、知らずの内に、左手に持った器に、上手に料理を注いで運ぶようになる。無言の躾と言うべきなのか、子供たちの適応力は凄まじい。

 私が今回「ホテル文化に学ぶ」と題したのは、書籍やググって沢山の情報を入手したとしても、それは、単なる机上の空論的なものであり、実際にホテルに足を運び入れることで、本物の文化を学ぶことを言いたかったのである。大した経験もないのに、饒舌にもホテル文化を語るコンサルも大勢いるが・・・百聞は一見に如かず。上質のホテル文化を直接肌で感じれば、必ず、世界中の文化に対する価値観さえ変わってくるのである。

 よって、高級シティホテルやリゾートホテルもまた、「文化発信基地」としての責任は重大であることは、言わずもがな。・・・また、日々、新しい何かを発見する楽しみがあるのも、ホテル文化に接する醍醐味であるとも言える。


▼熊本ホテルキャッスルのブライダル
bridal1


bridal2


800_4136


▼ホテルオークラ福岡の鉄板焼さざんか
shoku12


shoku13


▼熊本ホテルキャッスルのバイキング
D60_5371


D60_5545


▼クラシックタイプのオムライスを作る料理人
800_1177


800_3302


▼皿やコップを片付けるギャルソン
800_4036


▼熊本ホテルキャッスル11階からの眺望(熊本城ライトアップ遠景)
D60_6210


▼熊本ホテルキャッスル会員制クラブ「エルドラード」

【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

800_2441



                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/16 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp