ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

オブスクラ写真倶楽部 第5回フォトコン

オブスクラ写真倶楽部第5回フォトコンテスト結果発表!
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

▼最優秀賞 TATSUYA OKABAYASHI さん

photo1


(作品解説)天の川 流れ星 今年8月にモンゴルで撮った写真です。
首都ウランバートルから南へ約130キロ。遊牧民のテント、ゲルから出てきた旅人の懐中電灯の明かりがわずかに草原を照らす以外、人口の明かりがない世界。
(撮影機材)
NIKON D3300 NIKKOR 24mm f2.4 絞りを2メモリ絞って撮影。露出30秒 ISO6400

▼優秀賞 奥野 心介さん
photo2


(作品解説)
菊池渓谷で撮影しました!
(撮影機材)
NIKON D7000 24mm F22 ISO800 S2.5 三脚 PLフィルタ


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/9/30 12:00 am

吾輩は猫である・・・

neko


 「吾輩は猫である。名前はまだ無い。・・・」は、文豪 夏目漱石作「吾輩は猫である」の余りにも有名な冒頭である。

 私は猫は飼ったことは無い。この猫は、某食事処の椅子の下にいた飼い猫で、初対面の瞬間を撮ってみた。とても警戒しているようだが、単に警戒しているだけではなく、じっくりと観察されているような気がした。飼い猫がゆえに人馴れしており、咄嗟に逃げようとしたり、攻撃することない。

 或る年配の男性が近づいて声を掛けていた。中途半端な距離だったので、全く相手にせず、後ろ足の肉球を舐めたり、腿あたりを入念に毛繕いしながら、その男性を少し気にしてはいたものの、全く相手にしていなかった。

 先ほど、猫は飼ったことが無いと言ったものの、昔を思い出すと、中学生の頃だったか、転勤族であった父と一緒に過ごしていた官舎(一軒家)の縁側で餌付けをしてしまい、気づけば、野良猫4匹、野良犬2匹が、毎日遊びに来てくれていたのだった。

 この写真にそっくりのキジ猫、それに白猫が思い出深いが、皆お利口さんにしており、猫たちは縁側の上で、犬たちは縁側の下で喧嘩もせずに、自分たちに与えられた食事を平らげては、戯れていた。現在では考えられない光景ではあるが、それだけ動物が思う存分自由に遊び暮らしていた時代なのだろうと・・・。

 昨年、1月と7月に飼い犬が相次いで病死してしまった。一匹はミニダックスのチェリー、あとの一匹はコーギーのプラムである。如何にペットと言えども、旅立つ時は大変悲しいものである。身内の人間が他界するのと代わらない。そんな事を思いながら、久しぶりに可愛い飼い猫に出逢った僅かな時間が、すこぶる新鮮だった。

D60_6667


D60_6668



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2015/9/29 01:13 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp