The Rosetta Stone Blog

タグ » restaurant

食のスタンダードは、熊本ホテルキャッスルから!

50


55


 写真上は、熊本ホテルキャッスル玄関である。昨年末に、50年が55年となっている。・・・熊本県を代表するシティホテルで、55年。・・・その存在は、正直なところ、筆者にとって「食のスタンダード」の礎を作ってくれた、すこぶる有難いホテルである。

 たぶん、同ホテル地階の四川料理 桃花源(善家元総料理長、川上総料理長)のメニューの数や量、そして珍味では、県内でも五本指に入るほど、多種多様な料理を食させていただいた。また、ここ数年は、1階にあるダイニングキッチン九曜杏に足を運ぶことが多く、料理長のアーティスティックなオリジナル料理を取材することが、圧倒的に増えてきた。勿論、11階のフレンチレストラン トゥール・ド・シャトー(フランス語で天守閣という意味)の水本料理長の料理も、じわじわと試食が増え、彼なりの癖と拘りも分かってきたのである。

 しかし、忘れてならないのは、私のフレンチのスタンダードは、同ホテルの松田料理長と現役を退いた佐々元総料理長のフレンチである。ハモン・イベリコ豚の骨つきハムをいち早く持ち込んだのは松田料理長だったが、スーパーディナーと題して、ブルターニュ産のブルーオマールなど、奇抜な美食会を催したことがあった。また、佐々元総料理長には無理を言って、古典的なフレンチの美食会を開かせて貰った。

 思い出せばキリがない。しかし、自分なりの「食のスタンダード」を、どのジャンルで、どのレストランにするかは、一つの大きな賭けでもある。30年以上通い詰めたホテルであるが故に、その選択は間違いではなかったと、自負する次第。職人あっての料理なので、とことん美食を探究する、優秀な職人に恵まれたホテルなのだろうと・・・。

 ミシュランによれば、日本の食文化の評価はすこぶる高く、特に、東京、京都などは、世界レベルと称されている。しかしながら、食材と料理の値段などを比較すると、この熊本の地で食せば、三分の一、若しくは、四分の一の値段で、高いレベルの料理を食すことができるのを、大都市部に住む多くの人たちは知る由も無い。・・・例えば、極上珍味の「乾燥アワビのステーキ」など、東京では16,000円〜20,000円が普通だ。しかし、同ホテルでは、実に旨い「乾燥アワビのステーキ」が1万円ほどで食せるのである。

 その他、コース料理にしても、日本の旧御三家と呼ばれるホテルでは、40,000円〜となっているが、同じ質を求めても、同ホテルでは、10,000〜と、四分の一の値段となっている。「アンビリーバブル!」な世界。・・・安い航空機を使い、同ホテルのシングルに泊まり、コースを食べても、一人50,000円でお釣りがくるかも知れないのだ。・・・さ、是非、熊本へ足を運ばれてはと!!

 余談だが、長期滞在であれば、国立公園を二つも保有する熊本県。山手は阿蘇、そして海は天草である。特に、天草地方有明の海の幸は、グルメ通にはたまらなく旨いことを、ここに、こっそりとお知らせしたいと思う次第。


▼以下写真4枚は、ダイニングキッチン九曜杏の料理長作。
castle1


castle2


castle4


castle3



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/9 05:12 am

至福のランチ・・・

▼舌平目の料理(ガーリックバターソース)
DSC_5055


 昨日は、日頃からお世話になっているカメラの坂梨の坂梨社長と、年末の仕事納め的なランチを共にした。足を運んだのは、勿論、年中無休の熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏だ。

 今回は同社長の誘いで、ご相伴にあずかった次第。彼はステーキピラフを、筆者は舌平目のバターソースバリバリの料理をオーダーした。年末とあって、若干時間をずらして午後2時頃に同レストランに到着したが、次から次へと客が入り込み、その時間にしては厨房も大忙しであった。

 目立ったのは、以前よりも年末に外国人の姿が多いことだ。この一年、日本へツアーやビジネスで来た外国人は1300万人を超えると言う。熊本も、中国や韓国からの旅行客も多く、ホテルのレストランでも、あちらこちらで異国語が飛び交っているのだ。東京の大手ホテルロビーなどは、日常当たり前の光景ではあるが、これから、もっと外国人の姿が増えてくるのだろうと・・・。

 同社長との会話の始まりは、必ずと言って良いほど、最新カメラやレンズの話となる。最近、頓に目を見張るメーカーがある。それはFUJIFILMである。Xシリーズのカメラも人気急上昇となり、新しいレンズを次から次へと開発しているのである。昨日話題となったのは、XF 56mm R APDの最新レンズ。作例を見れば、惚れ惚れするような映り込みに、驚きを隠しきれない筆者であった。

▼Fujifilm X-T1 
http://fujifilm-x.com/x-t1/ja/Link
▼Fujifilm XF 56mm R APD 
https://news.mapcamera.com/KASYAPA.php?itemid=26428Link

 56mmなので、35mmフルサイズに換算すると、俗称おねえちゃんレンズの85mm相当となり、そのボケ具合、抜け具合は抜群の美しさを持ち、同社長の話では、現在世にあるレンズでは、最高ではなかろうかと言う。最近はずっとNIKON党を続けている筆者であるが、ちょろんと浮気心も出てきそうな、見事なレンズである。

 ただ、筆者が保有しているNIKONのカメラ本体には装着できないので、このレンズを使うとなれば、X-T1も購入しなければならず、結構な出費となる。理想を言えば、持ち運びや取材の機動力を考えると、NIKON DfとFujifilm X-T1との組み合わせが良いのだが・・・また、良い時期を狙って、次世代の取材機器の入れ替えを行いたいと考える。

DSC_5057



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/12/31 04:14 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp