ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

至福のランチ・・・

▼舌平目の料理(ガーリックバターソース)
DSC_5055


 昨日は、日頃からお世話になっているカメラの坂梨の坂梨社長と、年末の仕事納め的なランチを共にした。足を運んだのは、勿論、年中無休の熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏だ。

 今回は同社長の誘いで、ご相伴にあずかった次第。彼はステーキピラフを、筆者は舌平目のバターソースバリバリの料理をオーダーした。年末とあって、若干時間をずらして午後2時頃に同レストランに到着したが、次から次へと客が入り込み、その時間にしては厨房も大忙しであった。

 目立ったのは、以前よりも年末に外国人の姿が多いことだ。この一年、日本へツアーやビジネスで来た外国人は1300万人を超えると言う。熊本も、中国や韓国からの旅行客も多く、ホテルのレストランでも、あちらこちらで異国語が飛び交っているのだ。東京の大手ホテルロビーなどは、日常当たり前の光景ではあるが、これから、もっと外国人の姿が増えてくるのだろうと・・・。

 同社長との会話の始まりは、必ずと言って良いほど、最新カメラやレンズの話となる。最近、頓に目を見張るメーカーがある。それはFUJIFILMである。Xシリーズのカメラも人気急上昇となり、新しいレンズを次から次へと開発しているのである。昨日話題となったのは、XF 56mm R APDの最新レンズ。作例を見れば、惚れ惚れするような映り込みに、驚きを隠しきれない筆者であった。

▼Fujifilm X-T1 
http://fujifilm-x.com/x-t1/ja/Link
▼Fujifilm XF 56mm R APD 
https://news.mapcamera.com/KASYAPA.php?itemid=26428Link

 56mmなので、35mmフルサイズに換算すると、俗称おねえちゃんレンズの85mm相当となり、そのボケ具合、抜け具合は抜群の美しさを持ち、同社長の話では、現在世にあるレンズでは、最高ではなかろうかと言う。最近はずっとNIKON党を続けている筆者であるが、ちょろんと浮気心も出てきそうな、見事なレンズである。

 ただ、筆者が保有しているNIKONのカメラ本体には装着できないので、このレンズを使うとなれば、X-T1も購入しなければならず、結構な出費となる。理想を言えば、持ち運びや取材の機動力を考えると、NIKON DfとFujifilm X-T1との組み合わせが良いのだが・・・また、良い時期を狙って、次世代の取材機器の入れ替えを行いたいと考える。

DSC_5057



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/12/31 04:14 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp