ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 牛崎英司

新商品開発(コラボ)・・・

▼今回試作した洋菓子匠 維新之蔵の岡部國光塾生(写真中央)と、牛崎英司塾生(写真右)。
D60_9955


 洋菓子匠 維新之蔵(岡部國光さん)と株式会社オレンジブロッサム(村上浮子さん)のコラボ。

 昨日、オレンジブロッサムの「青二彩」をエッセンスとした、スイーツ二種の試作が完成した。

 洋菓子匠 維新之蔵が、従来のシークワーサーを青みかんに替えて、更に進化したスイーツに挑戦。三種三層のチーズケーキ(仮称:維新之蔵)と、青みかんと晩柑を合わせたゼリーの試作スイーツは、上品でキレの良いものに仕上がりつつあった。

 試食した先見塾天草の塾生たちの中にはプロのシェフも居るが、その評価は思いの外高かったようだ。


▼仮称「三種三層チーズケーキ 維新之蔵」(写真右)と、青みかん&晩柑ゼリー。
D60_9946


▼今回、メインのエッセンスとした「青二彩」(オレンジブロッサム:代表 村上浮子さん)
D60_9778


D60_9782



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/5/19 02:05 am

牛崎英司シェフのこだわり料理

D80_3627


 天草市内にあるホテルに足を運んだ。今回の目的は、私が提唱しているメニュー開発及び、牛崎英司シェフこだわり料理の取材にある。

 天候は生憎の雨。筆者の悪い癖で、僅か1時間の睡眠で取材に臨むこととなった。よって、熊本市内からの運転は非常に厳しい状況下にあったので、或る方に頼んで、天草往復移動に車を出して貰うことにした。同ホテルへ到着したのは、正午前。じわじわと雨が強くなってきたような嫌な感じ。

 到着後、挨拶を終え、即座に取材へ。写真の通り、素敵な料理がサーブされてきたのである。大変申し訳なかったのが、最後のデザートとコーヒーの撮影を怠った。・・・と言うか、あまりのご馳走であったので、胃袋の許容量を超えてしまい、後から撮影と言っていたものの、食す方もサーブする方も、忘れてしまったのが正直なところである。

 今回の撮影は、イメージとしては透明感のあるランチといった設定での撮影。若干、光量は少なかったものの、筆者の取材スタンスは、原則として照明機材を使わない。その場の環境光だけで、お客目線で料理を撮ることだ。特にガラス張りのレストランであれば、外の天候に相当左右される場合がある。大変リスクはあるものの、それが、自然な取材だろうと、リアリズムを貫き通すのみ。

 料理については、オードブなど、天草らしい海の幸のオンパレードから始まり、一つ一つに料理人の心が籠っていた。予算の制限もあるので、料理人のこだわりや技術がすべて発揮できるわけではない。ただ、双方の日頃からの情報交換が密である為に、具体的なメニューについて事前協議をせずとも、予想通りの牛崎英司シェフらしい料理がサーブされたのだった。

 ちなみに、メニュー開発の件は、現在公表の段階ではないので、写真及び解説は後日ということで・・・。


▼オードブル(小エビ、赤なまこ、うに、このしろ、新わかめ、うつぼ)
1


▼ スープ(紫じゃがいものポタージュ、地牡蛎のフリット添え)
DSC_8163


▼魚料理(がらかぶのポワレ 小イカのソテー)
DSC_8193


▼肉料理(天草黒牛のタンのステーキと柔らかく煮込んだソテーで)
DSC_8222


▼パン(塩麹のゆず風味オリーブオイルソース、粒マスタード、ニンニクのペースト、オリーブオイル+天草の海の自然塩)
DSC_8207


▼サラダ(地産野菜とはるかのサラダ)
DSC_8306



【ディー・アンド・エルリサーチ社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/22 04:21 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp