The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿市立博物館

味気ない古代の森・・・

▼山鹿市立博物館(看板文字は古代の森らしさのないフォント)
DFD_9296


 山鹿市立博物館近くの「江戸時代の民家」へ足を運んだ。

 施錠してあるので、中に入ることができないが、案内看板を読むと、1840年に現在の山鹿市の鍋田に建てられた民家を、1979年(昭和54年)4月に移築したらしい。約200年前の民家は、茅葺き屋根。看板はあるものの、中には入れないでは、価値がない。

DFD_9301


DFD_9305


DFD_9323


▼江戸時代の民家に何故か古い郵便ポスト(意味不明)
DFDPOST



 また、その近くにあるサイクリングセンター手前に遊具があったけれども、何故か、子供やお母さんの人形が遊具に吊りさがったりしているのが、とても奇妙でならなかった。

 古代の森のテーマは、何なのか!?・・・老朽化した同博物館と同様に、また、和水町の肥後民家村と同様に、徐々に本来のテーマが足元から崩れてきているのかも知れない。炎天下、せっかく古代の森で涼むつもりが、ぬるま湯で薄められたコンソメスープを飲むように、味気ないものになってしまった。

▼不気味に立つ人形たち
DFD_9297



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/13 01:00 am

不思議な「裏の細道」!?

top


 全国の装飾古墳の四割弱が熊本県内に点在することは、周知の事実ように思えるが、実は、ほとんどの熊本県民も知り得ぬ情報となっている。中でも、山鹿市に存在するチブサン古墳、弁慶ケ穴などの壁画はあまりにも有名で、考古学的にも価値あるものだ。更に、鍋田地区にある大規模な横穴群、岩原古墳近くにある横穴群など、山鹿市内にはどこを掘っても何かが出てくるくらいに、あちらこちらに古代の謎、古代の宝物が隠されている。

 本日足を向けたのは、山鹿市立博物館。移築された石橋付近は、地震の被害のためか、キープアウトとなっていた。よって、同博物館の裏側に回り、ちょっと坂を登り、車が行き止まりのところで、あまり人が通らぬような、苔むした歩道を見つけたのだった。

 そこには、上述の鍋田横穴群の壁画など、数多くのレプリカと説明文が書かれた陶板があった。筆者にとっては、たまたまの発見であり、同博物館へは何度も足を運んではいたものの、この古代の「裏の細道」には気づかなかった。多分、建造された頃は、公園の一施設として整備が行き届いていただろうけれども、今回、周囲を歩き回ると、残念ながら、ほとんど手付かずで、放置の状態であった。

 沢山のレプリカを見ながら、次から次へと撮影を敢行。しかし、設置場所と時代の流れとか、それらのストーリーの乏しさが気になった。当時の企画を誰が中心に行ったのか知らないが、このままでは、ただの石碑以下の扱いとなり、誰の目にも留まらず、風化して行くに違いない。相当額の予算を投じての施設。税金の無駄遣いと単に切り捨てるのではなく、これらの再活用、そして、欠落していたコンセプトなりストーリーなりを、しっかりと後世に伝える施設として再興してもらいたい。


replica1


replica2


replica3


replica4


▼取材風景
shuzai



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/6 12:17 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp