ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 榎園

「えのきぞの」最新情報・・・

place


 「えのきぞの」が、9月3日(月)を目処に移転(旧店舗は5月末で店仕舞い)し、開店に向けて動き出した。店主は榎園豊成氏。熊本県内では数少ない京料理の匠の一人であるが、たいへん温厚な方なので、県内外に多くのファンが根付いている。

 移転先は、熊本市内の高級住宅街で知られる新屋敷。白川より分岐した大井手川が、新屋敷方面に向かって流れ込んでいる。ちなみに、この大井手川は加藤清正の治水事業として知られる井手で、昔は鰻が沢山捕れていたと或る人が呟いていたことを思い出す。

 その大井手川に沿った細道は、ワンチャンのお散歩コースとしても打って付け。閑静で恵まれたところに、名称改め「えのきぞの」(旧店舗名:日本料理 ENOKIZONO)として、開店することになる。個人的にもとても楽しみにしている食事処として、注目している次第。

▼「えのきぞの」全天球写真
 https://theta360.com/s/lrTeeELXreeLyBgDCdsBjk5GGLink

◎「えのきぞの」(2018年8月13日情報)
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A(9月19日開店予定)
  電話番号:096-211-5525


▼店主 榎園豊成氏
D75_2600


▼「えのきぞの」の新ロゴ(書:西田親生)
enokizono


▼過去記事サンプル
kiji



               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/13 01:03 am

繊細且つ優しい和食処「えのきぞの」・・・

D60_6539


 8月下旬に新屋敷(熊本市中央区)へ移転、新装開店を目指す「えのきぞの」。写真群は、筆者が食したランチの一部写真だが、一つ一つが繊細で優しく、上質な料理であり、食した時の「旬」の香りが今にも伝わってきそうだ。

 和食と聞けば、一般的に敷居が高く感じられる。しかし、「えのきぞの」は、お人柄であろうか、刺々しさや傲慢さは一切なく、どなたでも気軽に足を運べる食事処である。有難いことに、街場でランチもディナーも楽しめ、安心して親しい友人や会社の先輩後輩を誘える、隠れ家的な食事処としてもオススメしたい。(※上司を誘ってご馳走になるのも一つの選択肢!)

 この中で、以前食した鮎の塩焼きの写真を見て思い出したが、添えられた蓼酢(たでず)はたまらなかった。鮎の甘みを引き立て、あと2匹ほど注文したくなるほど美味であった。また、春野菜の天ぷらは絶品。あのサクサクとした食感と春野菜ならではの微妙な甘苦さは食欲をそそる。

 気取りのない、素朴な料理の「えのきぞの」。毎日でも通いたくなるお店の一つとしてリストアップしていたが、強烈なファンも多く、筆者の数倍、数十倍も足を運び入れる常連客も多かったように記憶している。

 何はともあれ、和食は日本人の美容と健康に直結し、今では世界に誇れる食文化として進化しつつある。その中でも、女性心をくすぐる「えのきぞの」の料理は、新天地にて大輪の花を咲かせるのではなかろうかと、日々ワクワクしている次第。

 
D75_3528


D75_4891


D60_7171


D60_6608


D75_3448


ENOKIZONO



▼「えのきぞの」の移転先
  〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A(8月下旬開店予定)
  電話番号:096-211-5525(8月下旬開通予定)

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp