ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 名誉毀損

不審者にされた一瞬間・・・

CAMERA


 或る日の夕刻、いつもの高台へ行き、夕景の具合を見ていた。しかし、PM2.5や黄砂やらで、全く絵にならない。そこで、車を移動し、車中で、その日に撮ってきた写真をノートパソコンに入れて、オフィスに戻ったのである。

 ところが、着替えも済まない内に、ドアフォンが二度ほど鳴った。宅配便であれば、横の窓から受け取るので、その窓のところへ足を運んだ。見下ろすと、警察官が二人が立っていた。「あのお、不審者の通報があったので来たのですが、この車はお宅のですか?」と、初手から犯人扱いする警察官。

 よく見ると、一人はまだ警察学校卒業間も無いほどの若手で、研修中のような雰囲気だ。「え?何ですか?不審者ですか?」と言うと、「ええ、この車が高台の所にあったので、住民の方から不審者の車ナンバーとして通報が有ったんですが・・・」と。

 内心、すこぶる腹立たしくもあり、穏やかではかったが、少し構ってやることにした。「少々待って下さい。」と言って、それから直ぐに、筆者の名刺と履歴を二人分揃えて、宅配便用の窓から手渡した。

 「あ、失礼しました。住民の方の名前は言えませんが、不審者だとの通報があったので来たのですが・・・。」と。「何が不審者ですか!?失敬な方がいらっしゃいますね。仕事柄、常にカメラは携行していますが、不審者となると洒落にもなりません。」と苦笑いしてしまった。

 一人の警察官が、「誤解のないように、住民の方へ、今から説明に行ってきます。」と言って、パトカーは静かに走り去って行った。

 相手のプライバシーは厳守するものの、筆者のプライバシーを曝け出して、それを、ご丁寧にも説明に行き、誤解を解くと言う。間抜けな茶番劇でもあるが、生まれて初めて不審者と言われたのだから、誤って通報した相手こそ謝罪すべきだと思ったが、過敏すぎる馬鹿騒ぎに再び苦笑い。

 とんだ火の粉を被ってしまった。このように、神経質で被害妄想のような住民が住んでいると、大変迷惑でもある。普通に、普段通り、平穏無事に生活をしている人間を「不審者」と言うのだから、少々、精神的に問題がある人間ではなかろうかと、逆に怖くなる。

 最後の留めとして警察へ電話をして、「誤解が解けたか否か!?」の確認をしたが、バツの悪そうな対応だったので、さっさと電話を切ることにした。初動捜査の不味さもあるが、状況判断も即座にできぬ警察官二人。更に、その言葉遣いの稚拙さに、唖然としたのだった。

 それからと言うもの、その高台には時々行きはするものの、美しい夕景を撮る気持ちが完全に壊れてしまった。これら二人の警察官の対応の不味さは、下手すると懲罰ものだ。・・・熊本県警も落ちたものである。


▼過去の夕景写真
view1


view2


view3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/7 04:34 am

口コミサイトで誹謗するのは愚の骨頂!

FROG


 或る方から、とても頭を痛めていると相談があった。それは、口コミサイトでの嫌がらせ、鬱憤ばらしのような悪質な呟きである。

 一つ一つを検証すると、嘘の上塗りのようなストーリーを語り尽くしたものだった。「二度と行かない・・・」と言うのならば、将来的に接点はないのだから、敢えて公然の場にて呟く必要はない。矛先を向けた相手の店名は公開され、自分自身は御多分に洩れず「匿名」である。情けないほど、卑怯者である。

 匿名だからと言って、口コミサイトで罵詈雑言を書き殴る人は、愚の骨頂だ。それらが、直接間接的に相手の名誉毀損や業務妨害に繋がる危険性がすこぶる高いことを学ぶべきであり、それが読めないのだから、その人物の民度の低さが窺い知れる。法の無知の最たるものとなる。

 クレームをつけたければ、その現場で、冷静に事の発端や経緯を説明し、自分の気持ちをダイレクトに伝えれば良いだけの話となる。公然と他人の誹謗や揶揄をするのは、天に向かって唾を吐くようなものであり、その人物の信用は周囲の人から失墜するに違いない。何故なら、周囲の友人や知人のことも、安易に公然の場で誹謗する可能性が高いからだ。

 時に、「さくら」を使って、競合相手が不利になるような文言を並べ立てている人や会社も少なからず存在する。自由競争の世の中で、正々堂々と競争できないから、姑息なことをするのだろうが、人として如何なものかと。日頃から、信憑性のない口コミサイトで情報を得ている人は、気付かぬ内に「ガセネタ」を摑まされているに違いない。何とお粗末なデジタル世界なのだろうと・・・。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/16 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp