ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ポートレート

モノクローム考察・・・

butterfly


 普段の取材では、取材先の人を撮る以外は、モノクロームで撮ることはない。

 ただ、モノクロームは見る側に課題を与え、見る側が自由な発想にて、モノクロームに彩りを与えたり、ストーリーを創り上げて行く。少々キザな言い方になるが、筆者はそう思う。

 フルカラーであれば見たままの世界だが、モノクロームは人それぞれの想像力を掻き立てる。被写体が人であれば、シワに深く刻まれた「人生」や汗まみれの労働者の「放熱」が伝わるほど迫力がある。

 今回は、たまたま泉水手前の花々を飛び回る蝶がいたので、水面からの逆光を拾ってみることにした。蝶は昨日の台風9号などそしらぬ顔。自由気ままで、自然に逆らわず、ごく自然な生き方なんだろうと。

 熱波の中、蝶は一所懸命に羽ばたきながら、花々を次から次へと飛び回る。こんなに小さな体格なのに、効率の悪い食生活のようだ。美しい姿なのに、すこぶる短命である。美人薄命とは、このことか!?

 写真の世界はとてつもなく奥深い。正直なところ、まだ一合目のあたりでドタバタしている自分がいる。テーマの設定も、ストーリーも未熟にて、行き当たりばったりのシャッター音が聞こえて来るばかりとなる。

 
800_6352


800_6354


800_6355



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/4 12:00 am

カラーとモノクローム・・・

▼熊本ホテルキャッスル代表取締役社長兼総支配人 角田吉顕氏
KAKUTA-3


 昨日、熊本ホテルキャッスル代表取締役社長である角田吉顕氏に無理を申し上げ、ポートレートのモデルになって頂いた。実は、以前モノクロームでの撮影をしたのは良いが、その時、カラー撮影を忘れていた。

 同氏の業務の合間を見計らって、十数分ほどの取材時間であったが、少々認識が甘かった。実は、撮影場所の照明やガラス窓からの外光の入り具合を調べていなかった。室内には二種の照明、そして雲の流れにて外光が秒刻みに変わるのだった。

 最初は半逆光気味の撮影をイメージしていたものの、照明との戦いに気を取られ、満足の行く写真が撮れなかった。ポートレートはとても楽しいが、室内での撮影は、すこぶる気を遣う。レフ板もなしで、無欲にて見たままの状態を撮影することにした。

 カメラ本体は2台持参した。レンズはそれぞれに90mmと50mmを装着。被写体としては素晴らしいが、メガネレンズと眼球との隙間がとても気になる。眼球にフォーカスを当てると、レンズやメガネフレームがややボケてしまう。それも、微妙にである。

 ポートレートの命は「眼球」にある。室内の光は遠慮なく、波打つように黄色だったり、白だったりと。それに、外光が意地悪をどんどん仕掛けてくる。証明写真では無いので、少々斜めからの撮影をすることにした。

 眼球やメガネレンズに、御構い無しにガラス窓の景色が映し出される。気持ちは、メガネレンズの向こうの眼球にキラリとした光を期待していたが、なかなか思ったように、映り込みは言うことを聞いてくれない。・・・本当に、難しい。まだまだ修行が足らぬと自分に言い聞かせたのであった。


▼Nikon D850+90mm f2.8
KAKUTA-1


▼Nikon D850+90mm f2.8
KAKUTA-7


▼Nikon D850+50mm f1.4
850_5225


▼Nikon D850+50mm f1.4
850_5239


▼Nikon D850+50mm f1.4
850_5279



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/7/22 03:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp