ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

遊び心が織りなす逸品料理・・・

▼赤牛のシャトーブリアン

cuisine-3


 シェフが遊ぶと、料理が踊る。最近食したダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の料理で、記憶に刻まれた料理を幾つかチョイスしてみた。

 写真上は、その中でも圧巻であった「赤牛のシャトーブリアン」。これは、友との会食にて「絶品にて、絶句の状態。」となった。黒毛和牛のシャトーブリアンは幾度も食したことはあるが、赤牛のそれがここまで旨いとは、すこぶる意外であった。当時のシェフの「ドヤ顔」が忘れられない。

 近頃は、シェフと私との遊びで楽しいのは、「パスタの食べ比べ」である。写真下の上質パスタのように、現在、数種のパスタを持ち込んでは、ワイワイ騒いでいる。シェフたちも、「ラ ファッブリカ デッラ パスタ」が良いのか、「マシャレッリ パスタ」が良いのか、それとも、細めの「ローマ法王庁御用達のジュゼッペ コッコ」が良いのか、迷ってしまう。

 勿論、パスタの種類や形によって料理は異なるが、何度も実際して作っては食べ比べをしてみないと、本物のパスタの特徴なり、旨さなりのフォーカスがボヤけてしまう。今のところ、「ラ ファッブリカ デッラ パスタ」の腰の強さはピカイチという評価である。

 ある時、若いシェフが一所懸命にポークカツサンドを作ってくれていた。テーブルにサーブされて気づいた事は、溢れんばかりの具の多さとシェフの楽しそうな心であった。ただひたすら作っていたシェフのサンドイッチは、雑味なく、実に美味だった。

 また、同ホテル特製の「牛タンシチュー」もオススメの逸品だ。柔らか過ぎて溶けそうな牛タンに、同ホテルのドミグラスソースを絡めると、食事の速度が加速する。勿論、冷めるのが嫌なので、少々慌ててしまうからでもあるが・・・。

 その下の料理写真に注目して頂きたい。パンが端々が焦げているけれども、これは、無理を言って、パンドカンパーニュ(同ホテルで販売)を使ったフレンチトーストである。大胆な切り方と盛り付け。お味の程は、跳び上がるほど旨かった。

 最後のデザートは、或る夏の日、シェフがちょろんと作ったものである。桃が大好きなので、このデザートは2皿お願いしたほどだった。眺めているだけでも、涼しさいっぱいのデザートは、今年も是非食したいと思っている。

 このように、シェフの遊び心をもって作られた料理は、普段のルーチンで作る料理とは全く異質なもので、記憶に深く刻まれる料理が多い。「あの時食べた料理を、また食べたい!」と思えるような料理。シェフと客とのキャッチボールの中で生まれる「遊び心」。これが時折、「逸品」を創り出すのだろうと・・・。


▼パスタの食べ比べ
cuisine-4


▼心の篭ったポークカツサンド
cuisine-1


▼めちゃくちゃ旨い牛タンシチュー
cuisine-7


▼遊び過ぎ、旨過ぎのフレンチトースト
cuisine-5


▼2皿目をおねだりしそうになったデザート
cuisine-8



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

◎熊本ホテルキャッスル グルメ情報(過去記事集)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=castle&view=listLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/4 02:14 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp