ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

信頼できる人と信頼に値しない人・・・

▼記事内容と写真は関係ありません。

DSC_0391


 企業における「ヒューマンウェア」の指導をしていると、面白いことに、色んな人種が目の前に現れる。大きく分ければ、信頼できる人と信頼に値しない人に、二分される。

 信頼できる人は、まず、目の輝きが違う。常に自然体である。何の演出もなく、抜けの良い写真を拝見しているように、すこぶる心地よい空気感を放っている。

 それに反して、信頼に値しない人は、目が濁り、眼球が微妙に動く。笑顔も作られたものであり、一つ一つのリアクションに無理がある。よって、約束など簡単に破る傾向にある。

 随分前の話だが、実に滑稽なことがあった。筆者としては、良かれと思い、真剣にその人にとって、物事が全てポジティブに動くようにサジェストしたのだった。勿論、辛辣な言葉も挿入しての話である。

 1時間ほどの会話だったろうか、最終的には、こちらからのサジェスションを受け入れ、「大変勉強になりました。今後ともご指導のほど宜しくお願いします。有難うございます。」と、互いに固い握手をした。

 ところが、理解してくれて安堵していた矢先に、その人物は間髪を容れず、第三者へ想定外のネガティブ情報を吐露したのだった。まさしく、舌の根が乾かぬうちの出来事である。一体全体、あの握手は何だったのか!?

 よって、あちこちで「ヒューマンウェア」についてレクチャーする時の格好のサンプルにと、その人物を具に分析をすることにした。分析結果は以下の通りである。

▼信頼に値しない人
1)己に自信がなく迷走。
2)人の手柄を己のものへ。
3)職位を盾として保身へ。
4)人の失敗を叱責し、責任転嫁。
5)都合が良い時は、大上段。
6)都合が悪い時は、雲隠れ。
7)常に天秤に掛けた人生。
8)「快楽」に傾き、現実逃避。
9)「遊び」を仕事と豪語。
10)浅知恵には長けている。

 以上、10項目挙げたが、人物像がくっきりと見えてくる。また、信頼できる人の場合は以下のようになる。

▼信頼できる人
1)己に自信がなければ「学ぶ」。
2)人の手柄を称賛し、己も努力する。
3)職位をもって部下に救いの手を伸ばす。
4)人の失敗を修正し、成功へ導く。
5)都合が良い時でも、平常心。
6)都合が悪い時でも、常に真摯。
7)駆け引きなしの人生。
8)「誘惑」に負けず、信念を貫く。
9)「遊び」は完全プライベート。仕事は、仕事。
10)知識、知恵、洞察力、判断力が身についている。

 或る諺を引用し、カスタマイズすると・・・「気づくは一時の恥、気づかぬは一生の恥」となる訳だ。

 因みに、「信頼できる人」には、直接間接、多くの人たちがついているが、「信頼に値しない人」の背後には人影もなく、寂しい人生が必至となる。これまで、その人物へは二度ほどサジェストしたけれども、簡単に約束を破るようでは、三度目は無かろうと・・・。


DSC_0511



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/3 12:05 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp