The Rosetta Stone Blog

喰処やまもとや、復活に向けて!

▼「喰処やまもとや」の三代目 山本剛大さんと、被災後片付けられた本店玄関前。
yamamotoya


 昨日、震災後1ヶ月半が経過したので、災害支援活動の邪魔にならないと判断し、以前から計画していた、益城町の「喰処やまもとや」取材を敢行した。

 震度7の激震に、益城町の老舗「喰処やまもとや」も被災した。頑強な本店も、仕出し部施設も激しく地面から突き上げるような衝撃に、残念ながら耐えることができなかった。それは、活断層の真上の地域なので、無理もない話である。

 そこで、今回、地震お見舞いに、同店三代目の山本剛大さんに会いに行くことにした。本人の自宅も、親御さんの自宅も崩壊寸前となっている大変な時に、少々時間を作ってもらった。再会した場所は、残念ながら、びっくり貝汁定食(2回食している)を楽しませていただいた本店ではなかった。(震災後の調査で、大変危険な状態であり、立入禁止となっている。)

 60年続く食事処なので、地元以外のファンも多い。筆者もその一人であるが、今回、同店の被害状況を目の当たりにして、悔しいやら、悲しいやら、憤りさえ込み上げてきたのである。

 三代目に話を聞くと、60年続けてきた本店をなんとか復活させたいというのが、家族全員の強い願いと言う。現在は、益城町役場近くにあるスーパーマーケット「よかもんね!益城店」のテナント「惣菜オハナ(OHANA)」として、惣菜や弁当を作り、何とか本店復活に向けて動き出した。

 腕の良い料理人が作る弁当は格別である。丁度、ランチタイムだったので、「塩サバ弁当」を購入し、駐車場に戻り、車内で昼食とした。これは筆者の主観的なものだが、この弁当が何だか「幸運のお弁当」のように思えて仕方なかった。それは、どん底から這い上がるパワーを秘めた、すこぶる特別なものに感じられたのであった。

 先ほど、Facebookでも呟いだけれども、この「幸運のお弁当」を可能な限り購入し、微力ながら「喰処やまもとや」の支援に繋がればと考える次第。

▼想定外に被害が大きかった益城町
hisai


▼スーパーマーケット「よかもんね!益城店」
yokamonne


▼惣菜オハナ(OHANA)
souzai


▼震災前に、筆者が食した料理群。びっくり貝汁定食の器に注目!

404 File Not Found


◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。
http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/5/28 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp