ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ISO3200で撮影!!・・・

D60_4661


 撮影のためのオブジェが沢山揃っている、会員制クラブ「エルドラード」。熊本ホテルキャッスルの1階にある、素敵な大人の語らいの場である。

 重厚な造りの中に、欧風のお洒落なテーブルや椅子、そしてピアノを包み込んだカウンターなどがある。部屋のコーナーには、テーブルランプや花々、それに空きボトルなどがデコレートされており、静かな夜をゆっくりと過ごせる大人の空間でもある。

 昨夜は、雨も降っており、1階レストランがバイキング(無制限)とあって、午後6時からはテーブル席が一つも空いていない。よって、慌ててポークカツレツを頬張り、そのまま「エルドラード」に場所を移すことにした。

 トニックウォーターを注文し、第一弾のお客が去る頃に、クラブの中を歩き回り、次から次にシャッターを切っていった。しかし、お洒落な大人の空間なので、照明はやや暗めで落ち着いている。撮影する側には、ほのかな光を拾いつつ、ISO3200(普段はISO800以下で撮影する)で、画質のざらつきを気にしつつ、さっさと撮影したのだった。

 一眼レフカメラに挿入しているSDカードに、RAWデータとJPGデータを同時に記録する設定として、果たして、RAWデータの現像とダイレクトに保存されたJPGデータを比較することに。

 RAWデータというのは、レンズを通って来る情報をカメラ側が全て格納し、その多くの情報の中で最適な画像にエディットできるもの。日頃は、構図さえしっかりとしていれば、RAWデータだけで後は何とか仕上がる訳だが、最近、ダイレクトなJPG画像で勝負をかけたいと、少々生意気な撮り方をするようになった。

 昨日の撮影は、想定外に、ダイレクトに撮影されたJPG画像の方が、自分のイメージにぴったりのものになった。RAWデータを現像すると、どうしてもアプリ側が主体となってしまい、自分のイメージとは異なる色彩になることもある。よって、普段は、RAWデータであろうとも、できる限り「手を加えない!」を鉄則としているのである。

 結果的に、ISO3200にしては、ローパスフィルタのモヤモヤ感やざらつきなどがほとんど気にならぬ写真となったように思えてならない。勿論、手前味噌なのでプロの大先生が見れば、「は?」と笑われるのがオチであるけれども・・・。(苦笑)

D60_4673


D60_4718


D60_4719


D60_4629


▼九曜杏で食したポークカツレツ
D60_4602



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/18 05:15 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp