ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

デジカメのISO実験

▼ISOの設定で、トリミングして確認した画像の劣化

hikaku



 昨日は、一眼レフデジカメのISOについて疑問が生じたのだった。ISOの値を上げるとJPGデータ量が増える!?・・・しかし、画質は劣化する。・・・その疑問が生じ、実際に同じカメラで珈琲カップを撮影する事にした。

 使用した機材は、NIKON D800にAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRを取り付け、72mm、f/5で撮影して行った。・・・ISOの値を上げると言う事は、感度を上げる事になるが、実は画質が劣化するのは否めない。

 しかし、何故画質が悪い方がデータ量が大きくなるのか!?・・・結論は、ノイズ発生である。ノイズもデータとして存在する訳で、圧縮を大前提とするJPGデータでは、宿命的なものとして把握しておかねばならない。

 写真上は、同じカメラで、同じ絞りで、ISO設定を切り替えながら撮影して行った。勿論、シャッタースピードは変わるわけで、どれだけ画質が劣化し、また、どれだけのデータ量になるのかを調べて行った。

 以下のように、確かに同じサイズ(7360×4912ピクセル)なのに、相当データ量が異なっているのが分かる。筆者はネット族なので、RAWデータよりも、JPGデータを常に扱う事になるので、このISOの設定は取材時に慎重にすべきだと再確認した次第。

 しかし、写真は実に奥深い。・・・今日は、ちょっとした疑問が解決して、スッキリ!となった。(苦笑)


▼ISO 100=11.8MB(7360×4912ピクセル)
100


▼ISO 1600=19.7MB(7360×4912ピクセル)
1600


▼ISO 6400=24.3MB(7360×4912ピクセル)
6400



                       

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/25 03:42 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp