ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

最終的に辿り着いた車とは!?

▼新装オープンしたMINI KUMAMOTOのショールーム

MINI



 最終的に辿り着いた車とは?・・・何と、MINI COOPER S CROSSOVER ALL4であった。

 車歴は「あの人、キチガイ?」と罵られるほど、色んな車を乗り継いできた。例えば、新聞社時代は、酒蔵の瑞鷹さんが経営していたホンダベルノで、お付き合いもあったが、CR-X 1.5i、CR-X 1.6、CR-Xグラストップ、INTEGRA、PRELUDEなどなど12台ほど乗り継いだ。

 起業して、トヨタ系からWINDOM3.0を購入、暫くして知人がシュテルン熊本という会社を創設したと言うので、余り興味は無かったがBENZ E280を購入。それから、ROVER MINI メイフェア、JAGUAR、RANGE ROVER SPORTS、PORSCHE CAYENNE S、PORSCHE CARRERA 4、PORSCHE CAYENNE GTS、MINI COOPER Sなど・・・を、クライアントである会社の世話になり、乗り継いで行った。

 30年以上も前から思い起してみると、何台か強烈に記憶に残るものがある・・・。

 先ずは30年ほど前の日産ブルーバード(輸出名:DATSUN 810)は素敵だった。ワークエクイップの十文字アルミホールを履き、丸目4燈にはルーカス(リレー付き)の真っ白なハロゲンライトを装着・・・随分、ゴージャスな走りに酔いしれた。

 三菱のミラージュ1.6GTも思い出深い。ギアノブが2本付いている、妙な車。手前の短いギアはパワーシフトと言って、4速なのに、何故か8速みたいな・・・面白いハッチバックだった。

 ROVER MINIは色々問題があったが、世話が掛かる分思い出深い。何故なら、ケーキを買いに行き、駐車場に置いていると、僅か15分の間に、オイルが全部漏れていてアウト!・・・更に、公道で横付けして停まっていると、後ろからモトクロスバイクが乗り上げてきたり、取材で遠出すると、帰りはトラックに乗せて帰りたいくらいに疲れたり・・・女性のように世話が要った。

 長距離の旅行で使うのならば、やぱりJAGUARである。猫足であるJAGUARの足回り。ソフトなのに、しっかりとロードを掴むエレガントでビーストという両極端だが、あの女性のような曲線美は比類なき名車であった。

 その他、若き頃にはSUBARUのボクサーエンジン(アルミ合金水平対向エンジン)を2台乗り継いだ。

 上記のように、訳の分からぬ車歴がある訳だが、歳を重ねて、今乗り始めたのがMINI COOPER S CROSSOVER ALL4なのである。・・・つい最近まで4.8ℓで405馬力というPORSCHE CAYENNE GTSに乗っていた人間が、何故?と、タクシードライバーに質問されたことがある。・・・何故と聞かれても、答えようがないが・・・。

 最終的に辿り着いたのは、たぶん、中学生の頃にアストンマーチンのプラモデルを組み立てて、スプレーで色つけをしていた時に・・・何となく、小さくて、丸っこくて、重くて、ごっつい・・・そんな車が好きだったんだろうと、ふと思い出した次第。

 車はデカけりゃいいもんじゃない。車とは高額でセレブリティである必要もない。全て自己満足の世界である訳なので、別に他人様に自慢して見せつけるものでもない。・・・ただ、剛性が高く安心安全で、フットワークのいい車がベストであると言えるのではないか。

 肝心な事は、自分のライフスタイルに最適な車を選べば、満足度1000%になるものだと言う事である。さて、この愛車・・・いつまでお付き合い頂けるのだろうか???(苦笑)


▼BMW本社から寄贈された「くまモン MINI/KUMAMON MINI COOPER CABRIOLET」
MINI2



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/31 12:37 am

現実と妄想の狭間で・・・

▼イメージ写真:バランスの良い料理は配置も彩りも美しい

castle1



 色んな事を夢見て、妄想を過度に巡らす人々が居る。しかし、それが如何に現実と懸け離れていたとしても、思い込みや自己過信により、何でもかんでも可能であるかのような錯覚に陥ってしまうのである。更に、そのプロセスの中で、時には冷静さを欠いたり、時には強い欲望が絡んでいたりすると、結果的に取り返しがつかず、厄介な事となってしまうのだ。

 筆者は常に冷静沈着を軸とし、根っから現実主義を貫く類いの人間なので、この妄想からは縁遠く、正直申し上げて、かなり抵抗もある。よって、実感として理解不能なところが多々ある訳だが・・・ふと最近、気になることがあったので調べてみることにした。

 ものの本によれば、妄想が異常なまでに酷くなると、これは間違いなく病的なものであり、本人はその妄想に対する病識は全くないと記述してある。また、妄想は内容によっては、誇大妄想、被害妄想、宗教妄想など多種多様なものが存在していると言う。

 普段からよく耳にする誇大妄想とは、現実逃避を行い、自分に対する過大評価に繋がって行くが、その原因としては自己評価と他者評価のバランスの悪さが起因していると言われているようだ。対人関係において、社会的に立派な方々を見下したり、常に上から目線で人を見るという悪癖を持っているように思えてならない。

 被害妄想は、神経過敏な人に多いが、他者からの好意的な注意やアドバイスであったはずのものが、その意に反して、極めて犯罪的な叱責、干渉を受けていると思い込んでしまうようだ。

 宗教妄想とは、自分自身に何か超次元的で特殊な能力があると信じ込んだり、霊界から特別な暗示を受けあらゆる病気を癒す力や物を変えられる力を授けられたなど、内容が極めて非日常的且つ訂正不能な強固な確信があることが特徴となっているとある。

 筆者自身は、どちらかと言えば超ポジティブに生まれ育って来た人間だ。・・・人並みに夢や希望は有るとしても、妄想癖は皆無に等しい。勿論、精神医療の専門家では無いけれども、五十数年生きてきた中での経験学的な見地でその妄想を分析してみると、過去における不慮の事故、挫折、劣等感、恨み、辛み、妬みなどが輻湊し、いつの間にか見えない非現実世界の殻に閉じ込められてしまった状態なのではないかと推察する。

 人は心に傷を持ち、心の拠り所を失うと、現実逃避したり、妄想に駆られるのは理解できない訳ではない。よって、不安に満ちた生活環境から脱却するために、先ず、心の拠り所を見い出し、平穏無事な環境下に切り替え、じっくりと自らの挙動、言動などを冷静に振り返る事も大切なのだろうと考える次第。

 私事で大変申し訳ないけれども、この超ポジティブな人間が、今年3月の父の急死に直面し、生まれて初めて強烈に凹んでしまった時期があった。食欲も失せ、周囲の心無い一部の人間の言動により、我が人生観が揺らぐような経験をしたのだった。その時、温かい心をもって接してくれた方々のお陰で、鉛のように重くなっていた全ての臓器が、完全復活できたのだった。・・・実に有り難かった。・・・感謝に堪えない。

 心の拠り所・・・それが有る、無しでは、人生が全く異なるベクトルへと導かれて行くのだろうと・・・万病に効く、心の拠り所。・・・その重要性を深く深く認識した筆者であった。


【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/30 03:10 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp