ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

手軽な単焦点標準レンズ!!

▼Ai AF Nikkor 50mm f/1.8D

50mmNIKKOR


 一眼レフカメラに狂い始めて何年経ったのだろうか!?

 一眼レフカメラというものは、レンズとの組み合わせで、全く別のカメラになってしまうほど、撮影された写真の表情も変わってくる。・・・今回、数ある一眼レフ用レンズの中で、すこぶるリーズナブルで、フットワーク良く、軽やかにシャッターを切れるレンズ「Ai AF Nikkor 50mm f/1.8D」をご紹介したいと思う。

 日頃から重装備で取材をせざるを得ない筆者だが、そのずしっと重いをレンズ群を引っ下げて歩くのに疲れた頃に・・・時には、スーパーワイドからも、マクロからも、ロングショットで三脚を立てて使うズームからも開放され、見たままを切り取れるレンズを持ち運びたくなる事がある。所謂、ポロシャツにジーンズ、そしてスニーカーにぴったしの単焦点標準レンズという奴だ。

 特に、写真上の「Ai AF Nikkor 50mm f/1.8D」をフルサイズの一眼レフカメラ本体に取り付ければ、肉眼で捉える被写体とほぼ同じ写真が撮影できる訳で、コストパフォーマンスに優れたレンズ(入門用)として、何の力みなくパシャパシャとシャッターが切れるのである。プロの眼からすれば、写真の中央も周辺も甘過ぎだと嘲笑されそうだが、それはアマチュアの世界。大目に見て頂きたい。

 勿論、f1.8とやけに明るいレンズではあるが、解像度ピークのグラフを見てみると、中央ピークはf4、周辺ピークはf8で、一番良い画質で撮影ができるようだ。ただ、がむしゃらに絞り開放で写してしまうと、切れ味の良くない写真となってしまいがちなので、その辺の設定は微調整を要する事になる。

 因みに、NIKON純正レンズ(NIKKOR)であるにも関わらず、定価24000円(税別)に対して、現行価格は19000円程度。コストパフォーマンスに優れ、7〜10万円の高価な単焦点レンズを揃えるより、おちゃめで実に可愛いレンズなのだ。・・・まあ、持ち運ぶ途中に、出口のドアやレストランテーブルにコツンコツンとぶつからないだけでも、ストレスにはならない逸品と言う訳である。


▼以下の写真は、全て「Ai AF Nikkor 50mm f/1.8D」を使用している。
photo1


yodogawa


photo2


photo3



【ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/16 04:01 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp