The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » SNS・SEO・INTERNET

仮想現実世界に熊本城あり!

▼右から、熊本城の大天守、小天守、宇土櫓
castle1


 仮想現実世界「Second Life」が日本上陸したのは、2007年だった。既に10年が過ぎ、国内ではSIMを保有する企業や個人が皆無に近い状況の中、今も尚、熊本ジャパン(ディー・アンド・エルリサーチ社が管理運営)SIMは健在である。

 https://maps.secondlife.com/index.php?q=kumamoto+japan&s=PlacesLink

 写真は、2008年に約800時間を掛け、仮想現実世界で建造した熊本城(大天守、小天守、宇土櫓)である。今で言うならば、VR(バーチャルリアリティ)の世界を、既に10年以上も前に創り上げていたのだった。

 2016年4月の熊本地震のために、熊本城は壊滅状態となり、現在、規制線があちこちに張られ、実際に見ることはできない。勿論、大天守や宇土櫓などの最上階へ足を運び入れることもできなくなった。

 2008年に再現した、仮想現実世界の中の熊本城は、実寸代に近い規模で建造したものなので、実際、自分自身がアバターとなり、その中に入ることもできる。以前、イタリアの観光ツアーの団体が、この熊本城を見学に来たことがあった。

 添乗員付きの観光ツアー。午前3時頃だったろうか、熊本ジャパンのSIMに訪れた観光客に対して、英語で熊本城の歴史を説明したことがあったが、この素晴らしい仮想現実世界が、現在は日本では知る人ぞ知る存在となった。

 ちなみに、10年以上前に仮想通貨リンデンダラーを使用して、仮想現実世界「Second Life」の中で、車や船、アバターの顔や胴体、服などを購入して、コスプレなどを楽しむ人たちも多く、その世界ではアルバイトもできたり、更には、土地を購入して自分の家を建てる人も沢山いた。

 当時、中国系の若い女性が、仮想現実世界「Second Life」の中で不動産業を営み、実際にミリオネアになった人もいた。実は、仮想現実世界の仮想通貨リンデンダラーは、リンデックスを通して、現実の通貨に換金できたのである。

 現在、絶対数は激減したものの、まだまだ世界では、この仮想現実世界「Second Life」が動いている。いつの日か、仮想現実世界「Second Life」と人工知能などが融合し、また新たなる仮想現実世界が登場するのではないかと期待している次第。

 最近のパソコンは速度も機能も、当時のものとは比較にならぬほど優れているので、まだ体験したことのない方は、是非、仮想現実世界「Second Life」を体験されては如何だろうか!?


castle2


castle3


castle4



◎仮想現実世界「Second Life」の熊本ジャパン
 https://maps.secondlife.com/index.php?q=kumamoto+japan&s=PlacesLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/17 03:17 am

単に見るのと鑑賞の違い・・・

▼薔薇のトンネル
D500-600-9


 自分の作品が、どの程度のレベルに達しているのか、また、どの程度写真を愛する方々に印象を持ってもらえるのかの腕試しとして、海外ではギリシャの写真愛好家の集まるサイト(会員4100名)に、国内ではNikon大好き人間が集まるサイト(会員9000名)に、それぞれ、数回にわたりアップすることにした。

 圧倒的に「いいね!」の連発だったのは、写真上の「薔薇のトンネル」(カクテル)である。国内外揃って、女性カメラマンの反応がすこぶる良かった。次に良かったのは、写真下の「着水」だった。男女比率は同じくらいだったが、着水時のクラウン状の波形が目に留まったようだ。その他、「獲物待ち」の白鷺の写真や「サンセット」の写真も反応がすこぶる良かった。

 気づいたことは、美しいものや俊敏に動くものを捉えたものは、万人受けするように感じた次第。筆者も写真同好会なるものをネット上でいくつか開設しているものの、日頃から「いいね!」の付き具合は良いとは言えない。閲覧する人の数パーセントが「いいね!」を押して、「しっかりと拝見しましたよ!」のシグナルが送られてくるのだが、殆どのメンバーは単に見るだけに終わっている。

 他のサイトと知り合い同士が集まったサイトの動きの違いは何なのかと、少々考え込んでしまった。多分に、知り合い同士が集まるサイトでは、日頃の動きの確認に重きを置き、作品の鑑賞やその評価への意識が希薄なのだろうと。それに対して、国内外のカメラ大好き人間が集まるサイトは、日々の動きが活発で、コメントの書き込みも驚くほど積極的である。

 ギリシャのサイトでは、一つの作品に対して、「Great shot!」など弾んだような呟きが見られ、国内のNikon大好き人間のサイトでは、「いつ撮影されたのか?」、「その花は本当に美しい!」、「タイトル通り素晴らしいお写真でうっとりする!」、「この撮り方、私も大好き。綺麗に撮れている!」などと、作品についてじっくり鑑賞されているのが良く分かる。

 知り合い同士のサイトも、上記のようなアグレッシブさが欲しいものだが、それは筆者の不徳の致すところなのだろうと。ただ、フェイスブックやその他趣味のサイトの情報欄を閲覧する場合、少なからずとも、しっかりと見て欲しいものである。特に、フェイスブックなどは「いいね!」が数十秒間に連続してバンバンと上がってくると、じっくり拝見されていないのが手に取るように分かるのだが。

 最後に、SNSを商売道具に使っている人であれば、尚更のこと、新規顧客の掘り起こしや常連客への露出度の高いパフォーマンスとして、日々しっかりと意思表示をすべきである。ぼーっとしている内に、競合他社に簡単に追い越されてしまうのではないかと危惧する次第。


▼着水
D750-70-200mm-1


▼獲物待ち
D600_5410


▼サンセット
D750-600mm-2


▼FOXY ROSE
D800-60mm-f28-3


▼昨日の取材風景
IMG_4244



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/12 02:33 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp