ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

人馴れした青鷺の魚獲り・・・

aosagi1


 鷺の仲間が数ある中で、八景水谷公園の湧水池で遊ぶ青鷺はとても人馴れしている。

 散歩する人、ジョギングで汗を流す人、カワセミを追いかける人、ボールを蹴る人、弁当を広げてランチを楽しむ人などなど、日々、多くの人たちが利用する公園なので、大声で子供達が走り回ろうが、青鷺は知らぬ顔。獲物以外に関心は無さそうだ。時にカラスから突かれたりするので、カラスには神経を尖がらせているに違いない。

 目の前の青鷺は、ただ、ひたすら水中に泳ぐ鯉や鮒たちを凝視している。身体全体が固まり、じっと水中を覗き込んでいるが、なかなか獲物が見つからない。そりゃそうだろうと。蓮の葉の上を歩き回って、その葉の間から水中を見ても、獲物と遭遇する確率はぐっと低くなる。しかし、大物の魚は藪や木の下に潜んでいるので、青鷺の戦略は決して間違いではない。

 写真上は、今まで撮影した青鷺の中でベスト3に入るほど、お気に入りのものだが、同じような光と背景、そして獲物をゲットするタイミングに遭遇することがない。また、いつの日か、ぐっと引きつけて魚をゲットした瞬間の青鷺を撮ってみようと思ってはいるが、いつの事やらと・・・。


500_8778

 
850_1080


aosagi5


D75_9248



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/5/21 03:14 am

三角大矢野道路が開通、「天城橋」と命名!

▼本日開通する「天城橋」(写真提供:松島観光ホテル岬亭)
bridge4


<号外>

 本日(平成30年5月20日)午後3時30分に、宇土市と上天草市を結ぶ「三角大矢野道路(全長467mの橋を含む3.7kmのバイパス)」が開通する。尚、事前に開催された午後1時半からの開通式において、上天草市の堀江隆臣市長から新天草1号橋の正式名称が発表され、「天城橋(てんじょうきょう)」と命名。

 この「天城橋」は、自動車専用として天草五橋1号橋(天門橋/1966年9月24日に開通)と並んで建設されたもので、天門橋の連続トラス構造に相対して、女性的な美しさを放つ、国内最大級のアーチ橋となっている。元々、「天城橋」の開通は2017年に予定されていたが、2016年4月の熊本地震の影響で遅延し、本日、目出度く開通となる。

 天草地方は、1966年まで三角からフェリーで渡る時代だった。当時、天草五橋の開通により天草の島々が陸続きとなり、経済がにわかに活性化して行った。天草の新鮮な海産物を食材に、高級ホテルや旅館が次から次へと産声をあげたのである。筆者も幼い頃にフェリーに乗って、当時の本渡市(現在の天草市)へ渡り、更に漁船に乗せられ、土砂降りの中で釣りをした苦い記憶がある。

 何はともあれ、本日の「天城橋」および「三角大矢野道路」の開通は、先般、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として勧告を受けたビッグニュースと相まって、更なるインバウンド効果も期待されるのではないか。


▼写真右が「天城橋」、写真左が天門橋(写真提供:松島観光ホテル岬亭)
bridge5


▼建設開始当時の「天城橋」(三角西港より撮影)
bridge1


bridge2


▼連結された直後の「天城橋」(三角西港より撮影)
bridge3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

◎松島観光ホテル岬亭公式サイト(since 1997)
 http://www.misakitei.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/5/20 05:00 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp