ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

或る阿呆の観察記録

▼写真はイメージ
ramen


 先日、こんな人が居た。お昼にラーメンを食していると、座っている二人の間に、背後から手を伸ばして「いいですか!?」とティッシュを掴む熟年女性。自分の目の前にティッシュボックスがあるにも関わらず、他人がラーメンを頬張っている時に、口より手が先に伸びた瞬間、店の人も仰天していた。ちなみに、その女性は飲食店のオーナーだと言う。だったら、尚更のこと。気配り必須の職種と思われるが、閉口ものだった。

 また、個展会場の受付テーブルでの珍事が二つ。一つは、ある熟年男性がバッグを受付の真ん中(芳名帳や胡蝶蘭に当たる勢い)にドンと置いて、バッグから財布を取り出しているようだった。小銭を片手に、自販機へ。今度は、コーヒーを片手に連れと一緒に、4人程度座れるソファを二人で占有。ガニ股開いて、大声で会話を始めたのだった。だらしのない人間に見えて仕方なかった。

 更に、同じ受付テーブルでの出来事。自販機へ直行してコーヒーを片手に戻りつつあった熟年女性。上の男性と同様に、個展会場の受付テーブルの胡蝶蘭の横に魔法瓶を置き、先ほど購入した熱いコーヒーを注ぎ始めたのである。胡蝶蘭や芳名帳などにコーヒーが溢れたら、どう責任を取るのだろうと遠目に見ていたが、顔つきを見ると、案の定、色気もない山姥のような顔をしていた。

 ある男性二人の立ち話。花々に足が何度も当たっていた。二人の立ち位置は、受付の邪魔になるところである。ある程度様子を見て、結局、注意をしたのだった。そこで50過ぎの男性の言葉には意表を突かれた。「仕事の話ばしとっとですが。はあ?じゃあ、謝ります。すんまっせん。それでいかんのら、黙っときます。」と。対照的に若手は「大変悪いことを致しました。申し訳ございません。」と。どちらが上司か部下か分からなくなった。

 まだまだ、支離滅裂な人間、不義理三昧の人間、恩を仇で返すような人間が居るけれども、それは後日「稚拙なる人間シリーズ」にてご披露できればと・・・。もし、読むことがあっても、決して真似をされぬよう願えればと・・・。


D75_4850



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

 

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/25 12:43 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp