ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

如何なる時も、平常心。

800_9590



 沈痛な面持ちを消し去り、前を向きましょ!今も尚、水なし、ガスなしです。物資が足りないけれども、自分で何とか探してます。自分で何とか工夫しています。それは、自分自身が被災地域に居たとしても、被災していないからです。幼児や高齢者がいる家族は、本当に大変。

 今日は、あるコンビニのオーナーと立ち話。2リットルのペットボトルを一人1本のルールに、「全部くれ!」とクレームをつける客が居たという。一人1本だと言うと、「じゃ、何度も来れば売ってくれるんか!」と難癖激怒。こんな阿保は、災害時に必ず現れる。取るに足らぬ、大バカ者です。

 車の運転でも、皆、苛立っている。普通に運転していればいいのに。方向指示器も出さずに、中央に突っ込んできた高齢者。会釈もせずに、知らぬ顔。顎を上げての仏頂面。そんな人たちには、「幸」は来ないんです。いつまで経っても、同じ繰り返しの人たちだから。

 帰り際に、在るお店に「かき揚げ」があったので、取ろうとしていたら、後ろの主婦が「あっ!」と。県外から戻ってきた子連れの家族のようで、「かき揚げ、何個必要ですか?」と聞くと、「1個でいいです!」と。店員でもない私ですが、パックに1個入れて渡しました。すると、後ろから子供の手を引いたご主人が、「よかったね!」とニコニコ。

 普通に自然に譲り合えば、双方に「幸」が来ます。「平常心」を持たなきゃ、ダメなんですよ。もしかすると、この後に私が事故に遭うかもしれない。でも、「平常心」だと、いつも通りに、まったりしてます。大自然に敵う訳ないのですから、すべて甘受せざるを得ない。

 だったら、楽しいこと、夢のあることを考えましょ。自分独りで何とかしようと粋がる人は、「不幸」です。いつの間にか、周囲の人たちのお世話になっているのだから。

 隣の人に「幸」を与えると、必ず、自分に「幸」が来ます。日本人が数千年もの間、世界に類を見ない人種として生き続けてきたのは、常に「情」が心にあるからなのですよ。「情」がなくなった人は、昔から受け継がれてきた、日本精神文化を学ぶべきです。

 大災害時に、つまらぬ事を呟きましたが、末筆ながら・・・最後に一言。

 地震の被害に遭遇し命を絶たれた方々は、苦しく、辛かったろうけれども、きっと、きっと、天国で「幸」溢れる人になっているはずです。犠牲になった方々のためにも、凛として、しっかりと足を踏ん張って、熊本を盛り上げましょうか!

▼先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/20 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp