ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

1日、24時間・・・時は刻まれる。

 一日、24時間。・・・あっと言う間に時が過ぎてしまう。どんなに多忙であろうが、どんなに退屈な一日であろうが、お構いなしに時間だけが過ぎて行く。天に両腕を突き上げ背伸びをすれば、就寝時間となっている訳だ。・・・これが一日の終わりである。

 幼い頃は、学校の時間割というものに身を拘束されていたものの、陽が昇れば登校の準備、陽が沈むと帰宅するといった具合に、実にアバウトなライフスタイルの一日が過ぎて行った。・・・しかし、毎日が思ったよりも長い長い一日であったような気がする。・・・たぶん、子供たちは、時間の存在を忘れ、風より、音より、光より速く走り回っていたのだろうと。

 しかし、社会人ともなれば、決まった時間内のルーチンワークをそつなく処理しながら、時折飛び出して来るトラブルを解決したり、周囲とのコミュニケーションに一喜一憂したり、・・・慌ただしかった一日を振り返る暇もなく、深夜ともなると・・・後片付けを済ませ、一日の〆としなければならない。

 一昨日立ち寄ったステーキハウス淀川では、既に業務が終了し、皆が店内の掃除をしていた頃だった。一日の仕事が充満した空気を全て抜き取り、明日の準備の為に、鉄板、テーブル、食器、ビールサーバーなどの手入れや洗浄を各自が行っていた。所謂、一日の〆である。

 深夜の熊本ホテルキャッスルも同様に、レストランに居た大勢の客は全て帰途につき、宿泊客は部屋で寛ぎ、昼勤のスタッフに入れ替わった夜勤のスタッフが、静かなフロント周辺でホテルを守っている。・・・しかし、腕時計の秒針の動きともに、どこかでスタッフが動いている。・・・ホテルは24時間眠らないのである。

 一日の〆の頃や、昼勤と夜勤との入れ替わりの時間帯・・・そんな静寂な空間に身を置くと、自分の仕事でもないのに充実感を覚え、何故か心が癒やされる。「あ〜、一日が無事に終わった!?」と・・・。

 時間は止まらない。ホテルの壁に設置された大きな柱時計の長針、短針がクロックワイズに時を刻んでいる。どんなに逆立ちしても、アンチクロックワイズに動く時計など存在せず(作ったとしても意味が無い)、1/100秒、1/1000秒たりとも後戻りはしないのである。

 そう考えると、一日、24時間を如何に過ごすべきか!?・・・これが自分の人生を決定するほど重要であるかも知れないが、貪欲過ぎて、その一日に何でもかんでも詰め込んでしまおうとすると、例えは悪いが、逃亡者のような、常に何かに追われているような人生に終わってしまうのだろうと考える次第。

 何はともあれ、一日の〆は・・・日々充実感に包まれ、且つ、心地良いものでありたいと・・・。

 
▼一日の〆(ステーキハウス淀川)
yodogawa1


yodogawa2


▼24時間眠らないホテルの深夜風景(熊本ホテルキャッスル)
castlenight3


castlenight2


castlenight4



【ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイト since 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/23 04:25 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp