The Rosetta Stone Blog

タグ » sunset

僅か10分の間に・・・

800_0789


 いつものようにスタートは昼過ぎとなった。日が短くなっているので、スタートを早めにしようと努力しているが、結局、正午前後になってしまうのである。筆者がだらしないのか、地球の自転が筆者のライフスタイルに合わせてくれないのか、定かではない。

 午後より車でぐるぐると回りながら取材先を考えていたが、今日は、ゆったりと時間を過ごし、夕景でも撮影して、夜間のプロジェクト「N」会食と勉強会に備えることにした。

 それまで1時間あるので、高台からの僅か10分足らずの撮影時間に、西の空の表情を楽しませていただいた。赤くなったり、紫っぽくなったり、ピンクになったり、そしてまた赤くなったりと。決して美しい夕景ではないが、色の変化とグラデーションは面白かった。タイムラスプで撮影したら、迫力のある雲の動きが撮れたかも知れないと・・・。


800_0796


800_0840


800_0873


800_0889


800_0892


800_0899


▼本日の取材風景 photo by Assistant Photographer
IMG_7580


▼プロジェクト「N」の夕食会 200gの和風ハンバーグステーキ(熊本ホテルキャッスル)
800_0965



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
◎オブスクラ写真倶楽部(facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/10/28 01:17 am

直線距離10kmで夕景の撮影・・・

500_3010


 最近、なかなか美しい夕焼けに恵まれなかったが、本日は西の空が赤く染まるかと思い、オフィス窓から直線距離で約10km先の金峰山(標高665m)方面の夕景を撮影することにした。完全日没5分前のことである。

 機材は、Nikon D500+Sigma 150-600mmの組み合わせで、フルサイズ換算であれば900mmの超望遠レンズで撮影することになる。手持ち撮影なので、シャッターブレや手ブレなど覚悟しながら、太陽が山陰に完全に隠れた瞬間に十数枚を撮影したのだった。

 太陽をファインダーで見るのは厳禁。ただ、太陽を大きく写しても面白くないので、山陰に隠れた後の空のグラデーションと影絵のような金峰山や電波塔の絵面を期待しての撮影とした。

 太陽が沈むまでは、液晶画面でライブ映像を確認しながら、太陽の姿が消える瞬間からシャッターを切っていった。電波塔にフォーカスを当てるも、本当にブレがないのか自信はない。のるかそるかの連写で、誤魔化そうかと・・・。

 このようなケースでは、でっかく頑丈な三脚が必要となるけれども、ある友人の知人で有名なプロカメラマンが、「60歳過ぎたら超望遠レンズの手持ち撮影で、F1なんぞ撮れませんよ。だから、今は静かな花々を撮ってます。」という話を思い出したので、やはり死ぬまで手持ち撮影で頑張ろうかと・・・。(しかし、フォーカスを合わせるのが大変!)

 蛇足だが、カメラからの距離が10kmで金峰山の標高が665m。こちらのオフィスの標高が72mなので・・・
 ((665m-72m)÷10000m)×45度=2.6685度(約2.7度)の仰角なのかと・・・!?


500_3041


500_3049


▼ついでに北の空に浮かぶ雲とアドバルーンも撮影
500_3051



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/28 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp