ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » rosetta stone

インターネット黎明期(2)

CNJ_9898


 1994年に日本上陸を果たした、商用インターネット。今年で丁度20年を迎える。当時は、全国でもWEBサイトが1000も存在しない頃の話である。・・・日経新聞が、全国のWEBサイトのURLなどを盛り込んだ、電話帳のような冊子を出版したことを思い出した。・・・それだけ、まだまだ国内は、インターネットに関しては、暗闇の方が断然多かった時代でもある訳だ。

 新しいものが生まれると、必ず、言葉は悪いが、ハイエナのような、コバンザメのような会社や個人が現れ、一過性のものとして、濡れ手に粟のような商売をしては、消え去って行く。インターネット黎明期も同様に、似非プロバイダや似非ホームページ屋さんが、加速度を上げて活発に動き出したのだ。

 アクセスポイントと言って、バケツにモデムも放り込み、2000人を超える会員に対して、僅か30個程度のモデムで契約を行い、売り上げを伸ばしたプロバイダもあった。当時、博多に足を運んだ時に、そのビルの持ち主に案内をされて、その実態を見て腰を抜かしたのである。悪質極まりない、ネット屋の実態であった。

 PodcastsもUstreamも、FacebookなどのSNSも、その時に嵐のように周囲を巻き込みながら、訳の分からぬセミナー展開をしたり、法外な契約を次から次へと結び、暴利を貪る輩がわんさと居る。眼の前に大きな落とし穴が有ったとしても、それが流行ると思うと、危険など度外視で、無闇矢鱈に研修会に参加する無知な人たちも沢山居た。

 何が本物で、何が偽物かの判断は、しっかりとした検証をしていない人は到底出来ぬ事。そこで、失敗しても、「まあ、いいか!?」程度で、再び、世の中の激しい変化に伴い、同様の失敗を繰り返すばかりで、最終的には不信感に苛まれて、その時代から去って行く。実に浅はかな事ではなかろうか。

 それに、素人が口を挟み、如何にも評論家になったように思い込む、稚拙な輩も居る。人から聞いた事、所謂、受け売りを堂々と持論の如く伝える人物も居る。表層的なものしか知らずに、如何にも詳細について全てを知り尽くしているプロであるかのような虚言である。

 しかし、大抵の人たちは、その虚言に簡単に騙される。当時、PhotoshopやIllustratorなども普及し、そのソフトを使っているというだけで、如何にもデジタルプロフェッショナル、プロのクリエイターのような口調で威張り腐っていた素人も沢山居た。同様に、最近のSNSに関しても、下らんセミナーを展開し、下心たっぷりの誘い水的なサークルを作っていた輩も居た。

 無知というものは、実に怖いものだ。大人になり、法律を知らないからといって、罪を犯して免罪になることは皆無である。SNSも色んな事件に巻き込まれたり、騙されたり、悪用されたり・・・「見知らぬ輩の見えざる罠」にすっぽりと嵌まり込む人も後を絶たない。

 会ってもいない人と、水面下でメッセージを送り合って、それで相手を安直に信用するなんぞ、大人の成す業ではない。それこそ、脇の甘さに突っ込まれて、気付けば、大変な状況に陥っていることになる。・・・後の祭りである。

 インターネットは世界を光の速度で繋いでしまった。今まで、直径約12750キロほどの地球(周囲約4万キロ)が、その距離感もなく、瞬時に繋がる・・・これは、20世紀最大の発明と言っても過言ではない。

 現在は、スマホでもiPadでも、ノートブックでも、Wi-Fiや4G、LTEなどの無線で、いつでもどこでも繋がり、情報を共有したり、自分の位置等を即座に知らせる事も、買い物の決済も簡単にできる時代となった。

 この20年を振り返ると、従来の業種と比較すれば、10倍の早さでインターネットの世界は進化したのである。単に便利というだけなら何も問題ないが・・・いつの時代でも必要な事は???

 諄いようだが、何が本物で、何が偽物なのかの判断は、皆さんが自己の責任の下にすべきもの。・・・決して、似非○○に騙されぬよう、気を引き締めて頂ければと考える次第。

 騙されてからでは、間に合わない!!


【ロゼッタストーン公式サイト since 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/10/12 03:50 am

帝国ホテルのローストビーフ

2013-1



 一昨日、ウィンターバイキングで賑わっていた、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏の西洋料理の中央部で、ローストビーフがサーブされていた。・・・プチ・ディナーで、友人と同じステーキピラフ(1260円/税別)をオーダーして満足はしているが、どうしてもテーブル席背後にある、バイキング料理(西洋料理、中国料理、和食)がチラチラと気になってしまうのだった。

 そこで思い出したのが、昨年、1月と2月に食した帝国ホテル東京地階にあるラ ブラスリーのローストビーフ(写真上が1月のもの、写真下が2月のもの)。

 1月に足を運んだ時に、ギャルソンと色んな話をして、そのローストビーフが凄く柔らかく癖のないものだったので、「これは、美味しいですね!」と言っていたのだが・・・2月に再び足を運び、そのローストビーフをオーダーすると、何と2枚に増えている。・・・ウェイターはニコニコしながら、「先月もお見えになってお褒めを頂きましたね。」と、さらりと言ってのけた。

 顧客管理というか、客との会話をよく覚えているのか、メモをしっかりと取っているのか・・・そのサービスとトークには、驚きの色を隠しきれない小生であった。・・・しかし、iPhoneで撮ったので、少々色彩も悪いが、近い内に、この見事な帝国ホテル伝統のローストビーフを、頬張りたい気分で一杯だ。

2013-2



【ロゼッタストーン異業種交流公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【D&L RESEARCH INC.公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link
【親生流ー書】 http://www.dandl.co.jp/sho/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/13 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp