ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » hotel

一杯の小ちゃなスープ・・・

DSC_2653


 昨日は熊本城マラソンも無事終了し、街中は意外にガランとしていると言う。そこで、打ち合わせ会場を熊本ホテルキャッスルとして、夕刻より街中へ向かうことにした。

 情報通り、昼間の賑わいとは打って変わって、日曜日の夜でもあり、人通りは決して多いとは言えない。よって、いつものレストランで、閉店時間午後9時半ギリギリまで打ち合わせを行い、それから11階トゥール・ド・シャトーへ移動して、最後の詰めを行った。

 実は、ランチが遅かったために、夕食時間となっても、あまり食欲がなかった。・・・ガラス張りの厨房を見ると、工藤セカンドや東山シェフらが、バイキング客以外のオーダーに対応していた。

 そこで最初にサーブされたのが、写真上のデミタスカップに入った、同ホテル自慢のコンソメスープ。たぶん、メニューにはないもので、シェフからの心尽しだろうと思われるが、大変嬉しいサプライズである。

 器は小さいけれども、そのスープの温度が絶妙で、寒い時は特に嬉しい、小さいけれどもデッカいプレゼント。筆者は、同ホテルにとって大した常連客でもないが、このような気配りが、至福のひと時を一層楽しませてくれる。

 この一杯の小ちゃなスープ・・・心の芯まで温めてくれたのだった


▼ミックスサンド、アミューズ、コンソメスープ、ホットミルク(蜂蜜添え)
DSC_2657


▼バイキングでローストビーフやオムレツをサーブする新人さん
DSC_2645


▼同ホテル11階11階トゥール・ド・シャトーから望む熊本城
night



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/16 08:19 am

岬亭の料理に舌鼓!!!

▼松島観光ホテル岬亭玄関ロビーに飾り付けされている「お雛様」

DSC_2024


 松島観光ホテル岬亭へ足を運び、豪華なコース料理を取材し、試食をしたのだった。

 眼前の・・・ヒラメと伊勢海老のとてつもなく豪華な「お造り」に、まず、腰を抜かした。急な取材となった為に、こちらの方が準備ができていなかったので、柔らかい照明の中での撮影となった。

 車えびのしゃぶしゃぶ、アワビの地獄焼き、鯛のあら煮、ウニ、イカ・・・と、正直なところ、ランチにイタリアンのコースを食していたので、お腹の方が弾ける寸前まで、有明の海の幸を堪能させていただいた次第。

 感想は・・・日本人に生まれて良かった、と思った。一つ一つの料理に、女将と料理長の心が籠っており、すこぶる素敵な料理であった!!!

 ちなみに、同ホテルは、当社が管理運営しているロゼッタストーン異業種交流ポータルサイトの老舗。会員となり、今年で18年を迎える。

DSC_2037


DSC_2057


DSC_2079


DSC_2082


DSC_2102


DSC_2104


DSC_2088


DSC_2112


DSC_2020



【松島観光ホテル岬亭公式サイト since 1997】

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/9 09:00 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp