The Rosetta Stone Blog

タグ » 騙し

何を信じるべきか!?・・・

FLOWER



 悩み事が度重なれば、それも対人関係において約束を何度も何度も破られてしまうと、ふと「自分は何を信じて良いのか分からない!」と、心の扉を閉じ、南京錠を掛けたくなる時もある。

 渡り鳥の如く、塒(ねぐら)を変えながら人生を謳歌している人はどうでもよいが、普通に人間らしい人生を求めて生きている人間が、突然「人間不信」という冷たく重い鎖に絡まれると、相当凹んでしまう。何もかもが「虚偽」にしか見えなくなってしまうのだ。・・・ふと平常心に戻り、自己分析してみると、余り良い状態では無いことがよく分かる。

 しかし、何度も何度も約束を破る人は、どのような脳細胞を持ち合わせているのだろうかと、首を傾げてしまい、理解に苦しむばかりだ。これは、筆者の体験談だが、この1年を振り返るだけでも、同じ人物からの口約束が・・・週替わりランチのように、約束の金曜日が反故となり、必ず土日に無音が続き、そして同じペースで塗り絵のような嘘づくめの物語となっている。

 負のスパイラルと言えば簡単に聞こえるが・・・人に対して迷惑の火の粉を散らし続けるのは、大罪そのものだ。・・・日頃からの不埒な悪行三昧を何とも感じていない人に遭遇して、頭を抱え込んでしまう筆者が居る。結果的に、全てに他力本願。全てに約束の反故が第三者が原因であるかのような捉え方は、思考回路の根本から腐っている事を知るべきなのだ。

 諸悪の根源が自分自身であるにも関わらず、自らが善人であるかのような振る舞い、あたかも被害者であるのような筋書きを語っている。嘘が発覚した当初は、自暴自棄に陥り、弱腰スタイルを見せつけてはいたものの、今に至っては、その身勝手さを正当化するような言葉にすり替えているところが、実に情けない。一端の大人がなす業ではなさそうな気がしてならない。

 やはり、上記を反面教師として捉えれば、仕事でも個人的な相談でも何でもそうだが、自分が出来ぬ事は、口頭でも、文書でも、決して軽々しく約束してはならぬという事である。・・・今後は、常に硝子張り、信頼のおける人間とのみ接触する方が良さそうだ。


【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

 

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/19 07:23 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp