ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 長命

カレーはアンチエージング!?

D75_8537


 写真上は、熊本ホテルキャッスルのビーフカレー、写真下は、栗豚カツカレーである。

 筆者が香辛料たっぷりのカレーを食すと、スプーン一口目で頭部や顔面から汗が噴き出してくる。普通のハンカチであれば、10枚以上必要なほど汗まみれとなってしまう。シャツの襟に汗が染みると大変なので、食す前に大きめのな紙ナプキンを八つ折りにハチマキ状にして、首と襟の間に入れ、完食までに4から5枚ほどを使用する。

 途中、メガネを何度も外し、おしぼりで拭き拭き。美味しいカレーを満喫しながら、滝のような汗との戦いで、軽めに300メートル走った後のように、疲れてしまうこともしばしばである。よって、カレーの辛さに弱いのではなく、汗との戦いに弱いということがよく分かった。

 先般、テレビを見ていると、アメリカ人とインド人を、食事を中心として10年ほど調査したというものだった。なんと、香辛料をたくさん使うインド人の認知症率が、アメリカよりもずっと少ないという結果が出ていた。「カレー、恐るべし!」である。

 カレーにはいろんな香辛料が入っている。幼い頃からカレーが一番のご馳走だった筆者にとって、これは朗報だと思い、それ以来、1週間にカレーライス1食以上を食べようと心に決めたのだった。

 本日はザーザーの雨の中、ランチは栗豚のカツカレー。噛みごたえのある肉質。脂身がほんわりと甘みがあるので、カレーのルーを付けて、ご飯と一緒に頬張るのである。サクサクとジューシーなカツの二重の旨さが口の中にさっと広がり、カレーとご飯と仲良しとなって胃袋へと落ちて行く。

 骨や関節、筋肉などの委縮を防ぎ、カレーのルーの成分にて認知症が予防できるのであれば、これから先の食についての流れを変えてみても面白い。骨には今まで解明されていなかった中で、アンチエージングの切り札的な役割(信号を伝えるもの)があると言うので、これも合わせて、日々オーダーする料理の組み合わせを考えてみようかと・・・。

 
D60_6407



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/9 12:00 am

半高山の蜜柑畑へ・・・

500_2065


 久しぶりに、半高山(熊本県玉東町)へ足を運んだ。さっそくカメラを取り出し歩き出すと、山頂へ繋がる道沿いの蜜柑畑に軽トラが1台。その左側で間引きをしているご老人と目が合った。

 挨拶をしながら近づくと、汗まみれの上村萬壽夫さん(84歳)は、脚立に乗ったまま間引きの手を休め、笑顔で色んな話をしてくれた。某企業で36年勤務し、ある事がきっかけで、会社を辞め、蜜柑5種、桃、柿などを栽培する生産農業に転じたと言う。

 炎天下での作業は高齢者には辛そうに見えるが、ご本人は何のその。脚立から降りて、何やら隣の小さな畑に育ったナスビやキュウリをもぎ取り、手渡してくれた。貰ってばかりでは悪いので、常に車のクーラーに入れているキンキンに冷えたウィルキンソンの炭酸水を手渡した。

 立ち話をしていると、上村さんは圃場の横にどっかりと座り込み、そのウィルキンソンを両手で持って、有り難そうにグビグビと飲み始めたのだった。「こら、旨か!旨かですよ!」と、とても喜んで飲んでくれた。相当、汗が出ていたので、良いタイミングでの水分補給になったのだろうか。

 互いに、名刺交換をして戻ることにしたが、「ここは眺めん良かっですよ。晴れた日には、あっちに阿蘇山の中岳の噴煙も見ゆっとですよ。また、来なはっと良かですばい。冷たかつばもろて、ほなこて旨か!」と満面の笑みだった。


500_2080


500_2089


▼開通したばかりの西回りバイパス遠景
500_2058


▼周辺の蜜柑畑
500_2059


▼取材風景
D60_8533



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/1 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp