The Rosetta Stone Blog

タグ » 違法行為の徹底調査

善人に「幸」あれ!2017

kasegawa2


 寒くなると、取材も辛い。あまり着膨れしてもフットワークが悪く、できるだけ薄着で動けるようにしているものの、冬場の川沿いの撮影は、指先も悴み、楽々撮影できるものではない。しかし、炎天下の汗だくの撮影よりも、ずっとましとなる。

 年末、我々取材班にご褒美というのもあって、鰻専門の老舗「水前寺東濱屋」のご馳走を食して、江津湖へ繋がる嘉瀬川沿いの鴨などを撮影することにした。鴨軍団は沢山居るけれども、白鷺や青鷺の姿はなかった。バナナ園には野良猫の姿が一匹と、やはり、寒空の下では、野生動物の動きも鈍そうだ。

 今年は酉年。しかし、年末から鳥インフルエンザで県内は厳戒態勢のように緊迫した。よりよって酉年に向かって大騒動になるのは洒落にならない。昨年春から災害が続く熊本県。巷では、県内外からの熊本地震相乗り商法が入り乱れ、それに扇動、洗脳される人たちも、少なくはない。されど、このような災害続きの時ほど、しっかりとしたスタンスで、冷静沈着に行動するのが賢明なことである。

 昔から、人を統制し、国を統治するために、宗教、薬物(アヘン、大麻、覚醒剤など)をはじめ、周囲に敷き詰められているトラップに気づかぬ庶民。筆者も、その庶民の一人ではあるものの、そのような違法性の高いトラップに決して嵌ることはない。政教分離の原則は当然のことではあるが、信教の自由は法的に保護されているものの、紛い物の宗教じみた輩が万と存在する中、その悪行を黙認する訳には行かない。

 未だに、卑弥呼の時代のような呪術など、あちこちに存在しているようで、脆弱極まりない人の心に取り憑く、怪しい輩の存在を確と見定め、即廃絶できる人として人生を歩まねば、死に際に必ずや遺恨ばかりの人生だったと項垂れることになる。

 取り憑く輩には色んなパターンがある。先ず、誉め殺しのような、ハイテンションの人物は要注意。更に、学歴詐称、履歴詐称の虚偽ばかりの輩は、仰々しい言葉で煽り、お人好し人間の一本釣りを企んでいるが、1歩2歩下がって冷静に見れば、どのようなカラクリなのかが直ぐ把握できる。よって、取るに足らぬ輩とは、社会悪の枠の中で、蠢く蛆虫のような存在に過ぎないのである。

 同じ人間と言えども、ハイエナ、コバンザメのような人間も、残念ながら多々存在する。今年は、そのような演出過多で人格障害人間の悪行三昧(助成金や補助金絡み)を、各省庁、地方行政サイドなどの徹底した違法性追跡調査の下に、心無い輩の掃討作戦を敢行して貰えればと考える次第。何故なら、上述のような輩が暗躍する、正義、正論が通らぬ理不尽な世の中では、税金の無駄遣いばかりか、善人に「幸」が訪れることが無くなってしまのだ。

 
kasegawa1


kasegawa3


404 File Not Found


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/2 12:09 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp