The Rosetta Stone Blog

タグ » 解像度

デジカメの驚くべき解像度・・・

zoom0


 写真上は、約2400万画素(元データは、6016 × 4016ピクセル)のものである。

 現在では、2400万画素と言えば、最新鋭のカメラと比較すると、半分程度。大した画素数ではないことになる。ただ、今回は、35mmフルサイズ機で撮影されたものが、どこまで精度が高く撮影されているかの検証をすることにした。

 写真以下の通り、元データの上の別荘やアパート群、家族連れが浜辺や入江で遊んでいるところ、木々の中にポツンと立っている女の子などが、トリミングしてもはっきりと認識できるものとなっている。このようなトリミングはあまり行ったことがないので、新たな発見みたいに、今頃になって驚いている次第。

 よって、通常、ブログやSNSなどにアップする写真のサイズは、圧縮されたり小さくリサイズされたりで、細部をほとんど無視した状態になっているが、このように、大きな元データを部分、部分でトリミングして確認すると、そのカメラやレンズの精度も逆に分かってしまうのである。

 ただし、画素数は高いに越したことはないが、写真の命は、画素数ではなく画質であることを、頭に入れておく必要がある。

zoom3


zoom1


zoom2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/8/4 02:34 am

撮影した写真の精度をチェック!

CASTLE



 久し振りに炎天下の中、ズームレンズ(28-300mm)を使って、景色を撮ってみた。

 写真は、いつもお世話になっている熊本ホテルキャッスル(ホテルの右は九州郵政公社)の正面玄関の写真。

 3連休の初日とあって、熊本市内の幹線道路は大渋滞の状況。たまたま、撮影中にちらりと姿を見せた真っ赤なBMW MINI。・・・こんなに遠くからでも、直ぐにMINIと分かるのが凄いと思うが、ルーフが白で、ボディが鮮やかなチリレッド。

 久し振りにズームレンズを使っていると、三脚なしでは「重いのなんのって!」と贅沢は言えないが、猛暑の中でファインダーを覗き込むだけで、眼鏡が曇ってしまうほど、大量の汗に悩まされ、集中力が続かなかった。

 前置きが長くなり過ぎ、本論から逸れそうになったので、ここらで巻き戻し。・・・撮影された写真のサイズは7360×4912(JPG)で19BMと、すこぶる大きな写真である。

 写真上から、1枚目が大本の写真。2〜4枚目は、トリミングを行い、段々と真っ赤なMINIが1台のサイズになるまで切り取って行った。

 ◎1枚目 サイズ 原寸 7360×4912(19MB)
 ◎2枚目 サイズ 原寸 2000×1334(1.2MB)
 ◎3枚目 サイズ 原寸 1800×1201(651KB)
 ◎4枚目 サイズ 原寸 1000×667(168KB)

 勿論、トリミングを行い、それを拡大して見ようとすると、粗さが出てくるのは仕方ない。しかしながら、流石NIKKORレンズの精度の高さは、この4枚の写真(同じ写真のトリミング)が全てを物語っているのではないかと思った次第。

 撮影する側は、小さなファインダーから覗き込んだ肉眼で捉える景色だが、こんなにも沢山の情報が1枚の写真に映り込んでいるのかと考えれば考えるほど・・・カメラの威力に舌を巻いてしまう筆者である。


MINI1



MNI2



MNI3



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/7/15 12:53 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp