ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 観光立県

間違いだらけのローカルスタンダード

800_2459


 余談だが、先日、ランチタイムに寿司店に足を踏み入れた。暖簾を潜り、寿司職人と目が合った時、間髪を入れず「今、片付けしているので・・・」と、入り口で待てと言わんがばかりのご挨拶だった。

 辺りを見回すと、待つために座る椅子もない。どこで待てというのか指示もなく、よく考えれば、頭からにこやかに「いらっしゃい!」の言葉もなかった。これじゃ、どんなにお腹が空いていても、その店で食べる気持ちも失せてしまう。

 そのことを、同じ地域にある別の店主に話をしたのだった。店主曰く「私が、○○に行ってランチをしようと、数種類のランチを見ながら、どれにしようかなと呟いていると、それにしたら!?」と、相手がメニューを決めてしまったと言う。何と身勝手な店だろうと思い、二度と行くことはなくなったらしい。

 観光で成り立つ街であるのに、とんでもない接遇の酷さに閉口してしまう。それがその地域のスタンダードであれば、旅行客のリピーターは皆無と言っても過言ではない。殿様商売なのか、日頃からランチでは儲けがないから、仏頂面でつっけんどんなのか分からないが、基本の基本ができないのならば、その地域のイメージダウンとなってしまう。

 どんなにその店が旨くて有名であろうが、快く二度目の訪問はなくなる。「俺の旨い料理を食ってみろ!並んで待ってろ!」という感覚を少しでも持っているとしたら、飲食業(サービス業)は辞めたほうが宜しかろうと・・・。

 以前、ある島でトライアスロン大会を企画開催した時の話だが、旅館や民宿、その他観光関連の店主たちに「接遇セミナー」を、大会前準備のために開催したことがあった。その時、電話の応対、挨拶の仕方、名刺の渡し方、道の説明方法など・・・つぶさにチェックを入れながら指導したこともあるが、一つ一つのモデルの基本動作に「おー!」とドヨメキがあったほどだ。

 接遇の善し悪しで、その地域の文化レベルが分かるというもの。今回は、職人の性格や日頃の素行がそのまま悪い方に出てしまい、その店のイメージは台無しとなる訳だ。お客様が心地よく滞在し、ゆったりと食を楽しむ環境を作ることが、観光客誘致の為の重要なポイントであることを認識すべきだと思った次第。

 間違いだらけのローカルスタンダードは、思いの外、客離れを加速するのである。


◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link


 

 

           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/6/28 01:51 am

鞠智城散策・・・突如、モデル現る!!

▼モデル写真は、NIKON D800+NIKON Dfで撮影。

yamaga1


 昨日は一日中ややくすんだ天候だったが、日差しは真夏のように強く痛かった。

 実は、昨日の目的は、リコーの「THETA」という、360度撮影可能なカメラの実験をすることだった。よって、2台の一眼レフを持って、阿蘇方面に車を走らせたのだが、三連休の二日目とあって、車は全然動かない。

 急遽、左折して渋滞を回避し、行き先を菊池、山鹿方面に変更した。三連休にも関わらず菊池周辺を走っていても、道はスカスカの状態。先ずは、鞠智城→石のかざぐるま→八千代座→山鹿市立博物館周辺→熊本県立装飾古墳館→江田船山古墳などが頭を過ったのである。

 しかし、車外は眩しいほどの太陽光が射しているので、先ずは腹ごしらえをするために、鞠智城へ足を運んだ。思ったよりも観光客が多く、売店やレストランはてんやわんや。二人で切り盛りをしているという売店&食堂。これは捌けるはずがない。料理がサーブされるのに、かなり時間を要して、客から何度も「あと、どれくらいかかりますか?」と、やんややんやのクレームがあり、何となく食堂内は重苦しい空気に包まれつつあった。

 腹拵えを済ませ、鞠智城跡のメインである鼓楼に向かった。リコーの「THETA」を設置し、360度映像をどう撮るかを考えていた矢先、若い女性二人が、興味深げに見ていたのだった。会話を交わしている中で、仲良し二人を彼女たちのスマホで撮ってもらいたいとのオファーがあった。

 設置している時点で滝のような汗に苛まれていた筆者だが、折角だから自前の一眼レフで旅の思い出を作ってあげようかと思い、要らぬ世話だったかも知れないが、二人のスナップを撮る事にした。勿論、口頭ではあるが、肖像権の話をした上で、その了解を得て、撮影開始。

 二人は全てに好奇心を持ってアグレッシブに動く、健康的でキュートな女の子のようだった。満面の笑みを、ズームとワイドを使って撮影を行い、昨日Facebookにアップしたのである。筆者も仕事柄、二人に名刺を渡して自己紹介を行い、FacebookやBlogニュースにアップするので、お気に入りの写真があればご自由にダウンロードして使って頂くように促した。

 阿蘇五岳の360度映像を諦め、若干凹みながら鞠智城に来た訳だが、逆に、素敵なモデルたちと出逢う事ができて、結果オーライである。・・・太古の時代を探るツアーに参加した、鹿児島からの女性たち。若さ爆発の楽しい旅行を終え、無事帰途につかれることを願うばかりである。

 熊本県内は、まだまだ観光資源が眠っている。それを如何に表舞台に出すかは、県民の意識次第である。よって、加速度を上げて観光立県に向けて走らねばならないが、急ピッチにインフラ整備、観光施設の拡充を積極的に行わねば、他県の観光立県に遅れをとるばかりとなってしまう。

 ちなみに、熊本県内には名所旧跡、名刹など沢山ある訳で、更に、国立公園が二つも存在するという贅沢な環境なのだ。しかし、従来からの行政主導・行政依存型のスタイルを脱しきれず、受け皿となるべき観光施設全体の意識の低さが、進化を妨げる要因にもなっている事に、皆が気付かねばならぬと思った次第・・・。
yamaga2


▼料理はiPhoneで撮影
RYOURI


▼リコー「THETA」で捉えた鼓楼
 
鞠智城 - Spherical Image - RICOH THETALink


▼鞠智城跡サイト(ロゼッタストーン公式サイト内)
 http://www.dandl.co.jp/gold/kikuchijo/Link

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/9/15 08:10 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp