The Rosetta Stone Blog

タグ » 薄暮時

薄暮時の椋鳥たち

▼薄暮時に巣に帰って行く椋鳥たち

mukudori1



 当社サテライトオフィスの執務室で仕事をしていると、いつの間にか周囲が暗くなり、陽が落ちて来たようだ。

 たまたま持ち込んでいたカメラは、4年物のCANON EOS 5D MARK II(2110万画素)。その本体にアダプタを取り付け、NIKON用のSIGMA MACRO 50mmのレンズを無理矢理装着して、小物の接写をしていた矢先だった。・・・窓の外を見ると、群を成した椋鳥たちが、右から左へ無数に飛んで行く。

 最近では当たり前の光景となり、外に出てまで撮影する事はないが、この時は、50mmマクロレンズで高速飛行の物体が撮れるか否か・・・相手が近づく速度を予測して、カメラを手持ちで追尾して撮影する事にした。しかし、フォーカスも勘でアバウトすぎるが、ファインダーを覗き込む暇などない状況だ。

 しかし、無理、無意味だとしても、実験する価値はあるかとブツブツ独り言を呟きながら、瞬間的な椋鳥の飛び方を観察しながら、十数分間、連写を続けた。

 上写真はその時の連写で捉えた1枚の写真。たまたま夏の入道雲を背景に、三羽の椋鳥が羽ばたく瞬間が写っていた。薄暮に近づく頃だったので、ISO1250、0EV、1/8000秒で、勿論、マニュアルフォーカスでの撮影。

 生まれてこの方、椋鳥を手に取ったこともなく、近くで見たこともなかったが、瞬間を捉えた写真を見て、「あ〜、なるほど。こんな感じでバタバタ飛んでいるんだ。そして、ずっと羽ばたきっ放しじゃないんだな!」と感心してしまった次第。・・・先頭を飛ぶ椋鳥の腹を見ると、パンパンに張っている。たぶん、今日のご馳走が随分胃袋に入っているんだろうと笑ってしまった。


▼1枚目の写真をデジタルでズームしてトリミングしたもの
mukudori2


▼1枚目の写真をデジタルでズームしてトリミングしたもの
mukudori3



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/26 02:43 am

家路につく椋鳥たち

mukudori1



 昨日、当社サテライトオフィスでMacのアップデートを終え、そろそろ夕食の時間となり、オフィスを出ようとした瞬間・・・筆者の会社があるオフィスビルの北方面から無数の椋鳥たちが急いで家路につくところに遭遇した。

 普段は上空又は鬱蒼と茂った樹木の陰で、忙しげにチュンチュンと鳴いているのは見たことがあるが、当社オフィスが6・7階にあるので、ほぼ同じ高さで飛んでくる椋鳥を見たのは初めてのこと。

 早速、テーブルに置いていた一眼レフを持ち出し、その椋鳥たちを撮ってみようかと・・・。しかし、夕餉の頃でもあり、薄暮。設定が難しいが、時間はない。よって、上はモノトーンで、下は適当な設定のカラー。第一波、第二波、第三波・・・と十数匹が群をなし、こちらへ向かってくる瞬間を撮ってみた。

 ビルの上から撮影すると、椋鳥たちは思ったよりも低空飛行で、その飛行経路は全く同じ方向を向いている。たぶん、熊本市水道町方面の樹木群に向かっているようだ。・・・あの小さな頭の中に正確なジャイロコンパスが備わっているのだろうかと、そんな事を考えながら連写を続けたのだった。

 被写体が余りにも高速で小さい為に、ある程度フォーカスの位置を決めて連写をしなければならないが、それも薄暮時なので、少々手間取った次第。・・・いやあ、一眼レフって楽しいし、生き物って不思議だなと再認識した次第。


mukudori2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/7/12 09:26 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp