ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 菜の花

隈部氏館跡の桜咲く!

404 File Not Found

 熊本県山鹿市菊鹿町にある、国指定史跡「隈部氏館跡」。知る人ぞ知る、貴重な史跡の一つである。今回は、同地の桜を求めて訪ねたが、地元のご老人とお会いして、そのご老人が、一所懸命、同史跡や桜、ヤマツツジの話をしてくれた。

 桜は昨日にパッと咲き始めたと言う。「熊日さんに言うて、取材ばしてもらわんと!」と話す、ご老人。筆者が独立する前の職場だが、田舎に行くと、熊本日日新聞社のことを「熊日さん」と言う愛称で呼ぶ。如何に市民に親しまれている呼称なのだろうと、再認識した次第。

 ご老人に、個展(写真展)を山鹿市民交流センターで開催した時に発刊した小冊子「如水(第5弾)」を手渡して自己紹介をすると、「区長さんに1冊ば渡しておきます。また、宜しくお願いします。」と言いながら、ニコニコして軽トラで走り去った。

 田舎が好きな理由は、人懐こく、肩に力が入っていない人たちが多いことである。それに地元の食材をふんだんに使った、地元ならではの伝統的な料理や菓子類があることだ。

 鈴なりの山桜を撮影しながら、「この地に水場があれば、もっと憩いの観光地になるんだが・・・」と独り言。水場があると、小鳥も集まってくる。また、ツーリングする人たちも、休憩所として利用してくれる訳だが、折角30台ほどの駐車場と公衆トイレがあるものの、観光客も楽しくお金を落とすものが何か欲しい気がしてならなかった。

 山手に行けば行くほど限界集落が増えている現代社会。限界集落を見捨てるのではなく、限界集落に人が集まるビジネスモデルを創り上げることが我々の使命ではないかと考える次第。数千年の歴史を、偏った欧米化で捨ててしまうのは勿体無い話である。日本固有の魅力ある歴史と文化を紐解き、新たな文化を創出することが必要ではなかろうかと・・・。

 最後に、今回は天候に恵まれなかったけれども、晴天で空気が澄んでいる時は、この地から熊本市の金峰山は勿論のこと、有明海、更には長崎県の普賢岳も一望できると、そのご老人が自慢げに言っていた。

 
kumabe5


kumabe2


kumabe4


kumabe7


▼桜の次の出番を待つヤマツツジ
kumabe8


▼取材風景
shuzai



◎「隈部氏館跡」情報サイト
 http://www.city.yamaga.kumamoto.jp/www/contents/1400116794221/index.htmlLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/4/6 12:07 am

ニョキニョキ・・・

haru1


 所用で、山鹿市にある有働サイクルへ足を運んだ。皆さんお元気のようで、しばし談笑。気づけば1時間以上もお邪魔してしまった。

 外は雨。天気予報では、午後3時頃から曇りのはずだが、期待して取材準備をして出掛けたものの、撮影には不向きの天候となり、そそくさと戻ることにした。

 されど、1枚も写真を撮らずでは、何のために車を走らせたのか意味がない。よって、帰り際に、菊池川沿いの菜の花を撮影することにした。パラパラと小雨は落ちるけれども、撮影には問題はない。

 菜の花を低い位置から撮影しようと足元を見ると、ニョキニョキと土筆が地面から飛び出していた。一度に、こんなに沢山の土筆を見たことがなかったが、小さな自然にニンマリとなった。

 誰も教えることもなく、自然の野草は季節を熟知し、気温を敏感に察知し、毎年ほぼ決まった時期に地面から這い上がってくるのだ。考えれば、とても不思議な現象だが、彼らは無意識のままに、規則正しく生きているのだろうと。極論だが、法令遵守ができない、アウトローな人間がおバカに見えて仕方なかった。

 上空には雲雀らしき野鳥が垂直に舞い上がったり、舞い降りたりしていた。確か、雲雀は自分の巣から離れたところへ降り立ち、それから、こっそりと巣へ行くと聞いたことがあるが、次回は、その雲雀を超望遠で捉えてみたくなった。


haru2


D60_9655



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/24 12:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp