ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 苔園

仮開園中の泰勝寺へ

▼池とアオサギ
800_7785


 熊本地震で被災して半年経った、泰勝寺(熊本市内)へ足を運ぶことにした。これまで何度が訪ねてみたものの、石垣の崩壊や地割れ、地崩れなどで閉鎖されており、全く取材ができぬままとなっていた。

 今回、幸運にも「仮開園」ということで無料で入園することができ、池や木々、苔園、そして茶室の横まで足を運び入れ、撮影することができた。

 同園は、陽が傾きかける頃、即ち午後4時から5時の柔らかい木洩れ陽を浴びる竹林や苔、小路が特に美しい。しかし、薮蚊が沢山待っているので、園内をそぞろ歩きする前に、防虫スプレーを体全体に噴霧して入園するのが望ましい。

 本来ならば三脚持参でスローシャッターで臨みたいところだが、今回は、藪蚊との闘いを避けて、さっさと手持ち撮影のみで取材を終え、帰途についたのだった。


▼園内各所に立ち入り禁止のロープが張り巡らされている
800_7678


▼苔園
800_7699


800_7691


800_7698


▼茶室
800_7709


800_7713


800_7719


800_7722


▼紅葉を待つ園内
800_7738


800_7757


800_7759



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/20 12:00 am

泰勝寺跡(細川家立田別邸)

DF1_4131


 会食後、熊本ホテルキャッスルを出て、オフィスに戻ることにした。午後4時頃に北バイパス方面を通るか、薬園町を通るか・・・信号が青になり、そのまま直進して北バイパス方面を選んだ。

 思ったより、車も人も多い。熊本大学を過ぎようとした時に、無意識に方向指示器を左に・・・狭い登り坂の道を、気づけば、泰勝寺跡(細川家立田別邸)の駐車場へと車が進んでいた。

 頭の何処かに、「まだ明るいので取材できるぞ!」という言葉が飛び交っていたのかもしれない。駐車場には工事に来ている人や、休憩に来ている人などの車が、10台ほど停まっていた。

 拝観入場料200円を払って、泰勝寺跡内をうろうろすることに・・・。取材というより、涼みたかったけれども、太陽光が横っ面を照らして、思ったより暑く、額から汗が滝のように落ちてきた。途中、樹木の手入れをしている老人と、5人ほどコスプレしていた若い女性たち(記念写真を撮っていたようだ)が屯していた。

 この泰勝寺跡には何度足を運んだろうか!?・・・先見塾の撮影会でも、プライベートでも、10回以上は来ていると思う。広大な敷地でもないので、苔園や茶室などを見れば、大抵、そのまま出口へと歩む癖がある。

 しかし、この地は、足を運ぶたびに、何となくホッとするのである。・・・多分、自動スイッチが入って、すこぶる楽しい時間を過ごしていた頃を思い出すのかもしれないと・・・。

DF1_4186


404 File Not Found

DF1_4182


DF1_4167


DF1_4162


DF1_4164


DF1_4170


DF1_4249



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/30 03:18 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp