ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 能楽

カメラ目線のムクドリ!

▼水前寺成趣園
D75_1905


 猛暑の水前寺成趣園。白鷺、青鷺、鴨など一切居なかった。園内のカメラ屋さんに聞くと、「最近は小鳥は向こうにおるとは思うけど、少ないですなあ!」と。

 順路を歩き、先ずは石橋を渡り、鯉を眺め、出水神社の鳥居を眺め、ずっと奥まで歩いて行った。ほとんど、小鳥の姿も見えない。能楽堂を過ぎる頃に、小鳥の声がやかましいほどに聞こえてきたのだった。

 木々の上の方で、隠れるように実を突いているようだ。しかし、人の声や足音なども警戒してしているようで、抜き足差し足でそっと近づき撮影することにした。声や足音には過敏だが、カメラの連写音には無関心。無機質で変な鳥の声に聞こえるのだろうか!?

 木陰から上空を見上げると、十数羽のムクドリが飛び交っている。小さな赤い実を食べにきているようだ。彼らは相当眼が良いのか、撮影した中に、しっかりとカメラ目線の映像が数枚存在していた。

 落ち着きのない小鳥だと思っていたが、しっかりと抑えどころを知っているようで、欲を出して、あと一歩踏み出し撮影しようとすると、さっと飛び去って行くのである。気づけば、一時間ほど、汗びっしょりとなり撮影に集中していたようだ。


▼カメラ目線のムクドリ
500_9969


500_0009


500_0034


▼取材風景
D60_5848



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/30 12:09 am

小さな、小さな、エナガに遭遇!

500_8272


 初めて撮影した、小鳥のエナガ。何と十数センチの体長で、体重が僅か8g程度である。一円玉8個分の重さなので、よくもまあ生きていられるものだと感心してしまう。ちなみに、スズメが24gなので、その三分の一となる。

 撮影場所は水前寺成趣園の右奥の木々の中を飛び回っていた。いっ時もじっとしていないので、枝葉の隙間を狙いすまして、シャッターを切ることになる。逆光ならば木の葉は透けて美しいが、エナガは影絵のようになってしまう。今回、たまたまうまい具合に撮影できた。

 同公園の写真屋さんのお友達が二人いた。双眼鏡にカメラとハム無線機。かなりの鳥マスターのようで、片手に持っていた野鳥図鑑を見て、「これは、エナガのようですね。ほら、これ!ここじゃ、結構珍しいと思いますが・・・」と。ご教授に感謝。

500_8404


500_8406


500_8411


▼取材風景
D60_3012



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/4/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp