The Rosetta Stone Blog

タグ » 老害

気付きのある人、ない人。

850_3118


 高度情報化時代となり、周囲の情報に埋まってしまい、自分自身に必要な情報さえも逃してしまう人々がいる。

 現代のクロスメディア時代は、旧媒体である電波媒体(テレビ・ラジオ)、紙媒体(新聞・雑誌など)と融合しつつ、更に、情報量は莫大なものとなっているので、TwitterやFacebook、Instagramなど、リアルタイムに流れるSNS情報の価値は俄かに高まっている。

 しかし、蓄積すべき情報も同様に必要不可欠ではあるが、地球上からオーバーフローしようとしているビッグデータを、如何に選別して、自らの生活や仕事に活かして行くかは、「気付きのある人」のみの特権となる。よって「気付きのない人」は、その情報の波に流され、目標を失い、脳内はパニック状態に追い込まれる。そして、愚策・愚行を繰り返す。

 何事も「気付き」は、重要なファクターの一つ。しかし、「燕雀知らず天地の高さ」の領域に生息している人たちは、狭い了見にて、目の前の事象を客観的に捉えることができず、知らぬ間に常識に歯向かい、稚拙なる独断と偏見にて、自らの正当化の為に右往左往している。

 実に情けない話だが、上述のような人たちは、想定外に多い。会社経営のバトンタッチにおいても、「老害」という津波を引き寄せては、自らの過去の栄光に浸るだけで、後継者の教育もすっかり忘れ、ただただ醜態を曝け出して日々を送る人たちがいる。

 独裁者の思考回路と結末は、古今東西、普遍的なもの。最後の最後まで自らの愚策・愚行を認めず、屁理屈を並べ立て、自画自賛に走り、全てを正当化するのみで、己の「信頼の失墜」さえも気付きがない。加えて、醜態を曝け出すことが「人生における最大の汚点」と感じず、後戻りできない狂人の道へと・・・。

 更に、生まれながらに守銭奴の経営者は、社員やその家族の将来の生活なんぞ感知せず、ひたすら、我が身のために銭を追うだけの話。地位にしがみ付き、名誉にぶら下がり、銭の流れに涎を垂らす輩。それは、醜態という言葉で簡単に表現できぬほどの、愚かさ、さもしさ、情けなさの総本山の様相を呈している。

850_3123



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/6/29 02:49 am

野良猫の所作が美しい!

cat1


 久しぶりに足を運んだ八景水谷公園。時刻は午後4時を過ぎ、空模様も怪しくなってきた。よって、30分のステイで撮影することにした。周囲は暗いが、この程度の暗さでは、今のデジカメは影響なく撮影できるところが、有難い。

 最初に出逢ったのが野良猫だった。それも、肥満気味の猫だった。妊娠しているのかと心配すると、ジャンプする瞬間にオスと分かり、それは要らぬ世話となった。筆者が猫と会う前に、近所のお婆ちゃんがその猫に沢山餌をやっていたようで、猫は会釈程度のご挨拶で憚りへと。

 10メートルほど距離をおいて見ていると、何とも気の抜けた愛らしい格好で側溝を跨ぎ、用を足していた。野良猫と言えども、自分の憚りの場所を決めているようだ。それを終えると、何気に後ろ足で砂を掛ける仕草をしたり、爪先に汚れが付くのが嫌いなのか、入念にアフターケアをしている。

 そこで、ふと思い出したことがあった。本日のランチタイムの時のこと。どこの元議員?か知らないが、数人の年老いた元議員団が、昼から酒を飲み、食事を済ませ、入れ替わり立ち替わりトイレに行っていたが、他の客が食事中と言うのに、大声で尾篭な言葉を発しているのだ。すこぶる、食事が不味くなった。

 この程度が地方議員なのだろうと、情けなくもあり、また、文化レベルの低さに閉口したのだった。目一杯偉そうな文言を並べ立ててはいるが、全くその重みさえ感じない。虚栄、虚言が似合う、老人だった。デリカシーのなさは天下一品。トイレのドアの開け閉めなど、全ての所作が汚な過ぎる。・・・選んだのはその住民なので、自業自得ってことになる。

 一匹の野良猫でさえ、自分の周囲を気遣い、少しでも汚れのないように努めている上品な仕草が、ずっと、その議員達よりも美しかった。「美しく老いる心がなければ、このような不潔な老人になるんだぞ!」と自分に言い聞かせたのであった。まあ、文化レベルの低い老人になるのは、もともと、育ちや躾の問題もあるのだが・・・。(ちなみに、躾は身を美しくと書く)


cat2


hakenomiya


shot



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/15 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp