ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 緑茶

アルカリ性の珈琲って!?

▼珈琲アローの玄関とオーナーの八井巌さん
coffee1


 昨日足を運んだ「珈琲アロー」。昭和39年東京オリンピックの年にオープンした、熊本でも老舗の名物珈琲専門店である。

 オーナーは八井巌さん。年齢は「自分は忘れた!」と言っているが、70代後半には見えず、肌の色艶は素晴らしく、身なりはダンディズムそのもの。ライフスタイルも、数十年全く変わらないという、肥後もっこすの典型でもある。

 元々はパティシエだった八井さん。いつの日からか、珈琲に没頭し、とことん研究を重ねた結果、現在の琥珀色の珈琲に辿り着いた。・・・ご本人曰く、「世界で一番美味しい熊本の水です。その水で作るアルカリ性で琥珀色の珈琲を飲んでみて下さい。真っ黒になる珈琲は違うんですよ。珈琲は歌にもあるように、琥珀色。段々と冷めると、甘みが増してきます!」と。

 筆者が初めて八井さんと会ったのは、25歳の頃だった。JAZZの阿川泰子さんなど、有名人の写真が何気に置いてある。ノーベル文学賞にノミネートされた三島由紀夫氏も自決2年前に訪れたり、熊本が誇る直木賞作家の光岡明氏も足繁く通ったという、琥珀色に拘る「珈琲アロー」。

 初の琥珀色の珈琲に感激を身体で表現しながら、タイニーな店内で所狭しと撮影しまくる先見塾生たちだった。

2


3


4


5


coffee6



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/2/26 12:15 am

珈琲アローを訪ねる・・・

arrow


 久し振りに足を運んだ「珈琲アロー/昭和39年11月創業/店主は八井巌さん)」。・・・本日は、先見塾写真倶楽部の取材を兼ねて、淀川司朗、奥野心介、田上貴士の三塾生と共に、珈琲を楽しみながら、八井さんの話に耳を傾けたのだった。

 筆者は同店へ30年以上通っているが、若手の塾生たちは、琥珀色の珈琲に驚いた様子で、今まで体験した事がない、すこぶる新鮮な味わいにまったりしていた。・・・皆、お替わりをして2杯ずつ(筆者は3杯)を飲んでいたようだ。

 八井さんは、確か77歳〜78歳だろうと思われるが、老人の枠に入らない人種の一人あろうと・・・。一般の同世代の方々に、元気と夢を与えるような八井流ライフスタイル。確か、一日に珈琲を20〜30杯ほど飲みながら立ち仕事をしており、午前11時から深夜まで、横になったりして休むことが全くない。睡眠もかなり短時間で、食事も大量に食す事はないと言う。

 機会があれば、近々「八井巌のライフスタイル」を書籍にしたい筆者が居る。新聞社時代の若造だった筆者を、いつも温かい眼で見てくれた八井さん。ここ数年、筆者が書き綴ってきた小冊子「如水シリーズ」の第5弾として出版できればと考えている。

 今日は、初めて聞いた話が一つあった。・・・ショップ内壁の腰までの部分が、何と昭和5年に熊本市唐人町の歩道に敷かれていた高級素材であると言う。実は、昭和28年の熊本市大水害「6.26」の時に、その素材(写真三枚目右下の参照)が流され、所有権放棄をされた為に、或るレストランが素材として使用し、更に、そのレストランが閉じる時に、八井さんが貰って、店舗の素材(80年以上の歴史を持つ素材)として使っているのだ。

 珈琲嫌いな三島由紀夫も訪れ(自決する2年前に訪れた)、喜んで飲んだと言われる「珈琲アロー」の琥珀色の魔法の珈琲。是非、お試し頂ければと思う次第。

arrow2


arrow3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       


  • posted by Chikao Nishida at 2014/2/25 07:27 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp