The Rosetta Stone Blog

タグ » 総合力

常識の尺度が歪んだ人!・・・

D75_8007


 この春の熊本地震から現在まで、色んな体験をした。半年過ぎて、全体的には落ち着きを見せてはいるものの、最近、頓に不思議な現象や挙動不審の人物、基本の基本ができていない社会人が目立つようになってきた。

 ・意見や提案を真摯に受け止めない人。
 ・指摘すると、屁理屈を盾に反撃する人。
 ・都合が悪くなると、間髪を入れず責任転嫁へ向かう人。
 ・異見されたことを、別のものへとすり替える人。
 ・言葉とは裏腹に、都合が悪いと無言無視に転じる人。
 ・被災者でもないのに、地震を盾に支払いを拒む人。
 ・コンプレがあっても、適時適切な対応ができない人。
 ・クレーム処理を行う場合、的確な言葉を遣えない人。
 ・人の価値より、金銭や物への価値を求める人。
 ・道交法をやたらと破る人。
 ・話の論旨をやたらと暈す人。
 ・現実と遥かに懸け離れた己の姿をfacebook上で演じる人。
 ・復興支援と称して、売名行為や相乗り商法に傾注する人。
 ・ボランティア団体に所属し、ワンランク下になっている人。
 (ボランティア団体の看板背負って、偉くなったと勘違い!)
 ・公的施設玄関にて居眠りをする公用車運転手
 ・公的施設玄関にて車内で弁当を食べる公用車運転手
 ・契約や申し込みをしても、無責任にも一方的に破棄する人。

 まだまだ、重箱の隅をほじくれば沢山出てくるが(勿論、以上は熊本地震とは全く関係ない)、それだけ常識の尺度が歪んだ人が増えていることは間違いのない事実。だからと言って、「皆のレベルが低く、下劣で良いのなら、俺も同じく右へ倣え!」では、洒落にもならない。


◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/25 02:23 am

先見塾を開催!

404 File Not Found

 昨日、正午から午後2時半まで、天草市のホテルレストランにて、先見塾が開催された。

 簡単なランチを終え、早速、昇級試験である。毎回昇級試験を行い、それを総合的に判定し、塾生のレベルを決定して行く仕組みとしているが、難問に頭を痛める塾生など誰も居なかった。

 試験と言っても、胃が痛くなるようなものではない。解きながら、色んなノウハウが身に着くもので、今回も笑顔の絶えない試験であった。今回は、筆者が書き綴るブログニュースからの漢字問題(30問)。更に、20枚の写真(川、湧水池、建造物など)を見て、それらの名称や位置を求めるものなど、クイズ形式で50分ほどの試験が終了した。

 その後、自己紹介を英語で如何にコンパクトに行うか、また、相手に印象付けるような言い回しなどを練習し、次に、海外のホテルフロントでのチェックインとお客との会話の流れ、コンシェルジュとしての関連施設、周辺施設のリコメンドなどの訓練を行った。

 現在、次の試験問題(IT総論各論に徹した問題)を作成中であるが、この記事を読む塾生には、少々ヒントになりそうな気配。静かに語っておこうかと・・・。次回は、「アプリケーション<三種の神器>の実践的活用法とデータの互換性」、「ネット事業と本業とのジョイント及び情報発信の秘術」なども試験内容に盛り込む予定である。(内緒)


D60_0045


D60_9992


D60_9995


D60_9989



▼先見塾を終え、天草市から上天草市へ向かう。


◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/13 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp