The Rosetta Stone Blog

タグ » 細川家菩提寺

仮開園中の泰勝寺へ

▼池とアオサギ
800_7785


 熊本地震で被災して半年経った、泰勝寺(熊本市内)へ足を運ぶことにした。これまで何度が訪ねてみたものの、石垣の崩壊や地割れ、地崩れなどで閉鎖されており、全く取材ができぬままとなっていた。

 今回、幸運にも「仮開園」ということで無料で入園することができ、池や木々、苔園、そして茶室の横まで足を運び入れ、撮影することができた。

 同園は、陽が傾きかける頃、即ち午後4時から5時の柔らかい木洩れ陽を浴びる竹林や苔、小路が特に美しい。しかし、薮蚊が沢山待っているので、園内をそぞろ歩きする前に、防虫スプレーを体全体に噴霧して入園するのが望ましい。

 本来ならば三脚持参でスローシャッターで臨みたいところだが、今回は、藪蚊との闘いを避けて、さっさと手持ち撮影のみで取材を終え、帰途についたのだった。


▼園内各所に立ち入り禁止のロープが張り巡らされている
800_7678


▼苔園
800_7699


800_7691


800_7698


▼茶室
800_7709


800_7713


800_7719


800_7722


▼紅葉を待つ園内
800_7738


800_7757


800_7759



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/20 12:00 am

泰勝寺の竹林と仰松軒

▼泰勝寺の仰松軒(こうしょうけん/茶室)と竹林

taishoji


 泰勝寺は、冬場でも冷たい北風を竹林たちが阻み、ゆったりと散歩するには絶好のコース。

 今回は、竹林と茶室 仰松軒を撮影した。天候は寒空の曇天。午前中に来れば良かったのものの、午後3時過ぎとなったので、日差しもなく、撮影には絶好のコンディションとは言えない。ただ、急に寒くなった熊本市内ではあるが、竹林やその他の木々が包み込んでくれるので、大した寒さを感じず、シャッターを切って行けるのである。

 ここは、入り口に自販機が設置してあるものの、ちょっとした休憩所や食事処がないので、ゆっくりと長時間滞在して過ごせるものではない。また、駐車場も砂利を敷いただけの線引きのないもので、パンプスや革靴で行くには、少々砂塵がきになるところだ。

 何はともあれ、細川家の菩提寺。ガラシャ夫人の廟もあり、歴史を紐解きながら歩いていると、異次元の世界に入り込んでしまう訳だ。

▼越冬中のルリビタキと鴨
3


▼取材風景
4



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/16 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp