ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 精養軒

食文化を牽引してきた大林健さん!

▼精養軒 代表の大林健さん
D60_5602


 熊本県山鹿市周辺の食文化を常に牽引してきた、大林健(精養軒 代表)さん。・・・数十年ぶりの再会となった。

 大林一族は、幼少期に横須賀から山鹿へ移住して来たと言う。それから大林さんは、50年以上も前に本格的な「洋食」を山鹿に広め、地域の食文化レベルを一気に引き上げた仕掛け人と言っても過言ではない。

 同一族の先進的なものへの取り組みは、知る人ぞ知るで、その歴史を紐解けば、先進的な社会貢献のために尽力して来たのがよく分かる。ちなみに、筆者が幼い頃に何度か足を運び、ナイフとフォークの練習をしたところも、当時、大林さんが経営していた洋食レストラン精養軒であった。今でも、初めて食したナポリタンを覚えているほどだ。

 今回、ただ一つだけ気になったのは、数ヶ月間にわたる山鹿市の徹底取材の中で、誰一人として、大林さんの実績や貢献について語ってくれる人が居なかったことである。何故か、自分の売り込み(自画自賛)ばかりが目立っていた。

 兎角、熊本という土壌は、草分けのパイオニア的存在を軽視する風潮があるようだ。世話になった人もたくさん居るはずだが、ノウハウを教えて頂いたり、育てて頂いた恩人への感謝の念や語りが少ないのは、実に残念なことである。

 その程度であるから、この地域には本物の食文化が育ちにくいのだろうと・・・。

 世話になったら恩返し。今ある自分がその方の指導なり教育なりで育ったのであれば、一生、その恩を忘れず、常に話題に登場させるのが、人としての道であり、幅であり、奥行きでもある。筆者は、それが一番の恩返しではなかろうかと考える次第。

 末筆ながら・・・山鹿の政治経済の歴史、地域に鬱積する諸問題等、気づけば1時間半ほど話し込んでしまった。次の用件があったので、午後3時に発つことにしていたが、山鹿たばこセンター精養軒の玄関を出る時、ご夫人が「とても素晴らしいお話でした。」との言葉を頂き、深々とお辞儀をされ、お二人が見送りに歩道にまで出てきてくれたのだった。


▼山鹿たばこセンター精養軒の店内(喫煙もでき、珈琲が注文できる)
seiyouken2


▼山鹿たばこセンター精養軒の位置(熊本県山鹿市)
seiyouken



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/7 01:37 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp