ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 犯罪

悪意ある著作権侵害と落とし所・・・

800_7583


▼悪意ある著作権侵害の実例(1)・・・

 一昨年だったか、YouTubeにアップしていた某茶園のインフォマーシャル(D&L社制作)のデータを、アプリ又はYouTube動画ダウンロードサイトを利用して、不正ダウンロード。

 更に、悪質だったのは、そのデータを某地域のショッピングWEBサイトが別アカウントのYouTubeにアップして、如何にもそのサイトが制作していたかのように掲載していた。

 メールにて指摘すると、間髪を容れず、謝罪もなく、削除して尻尾を巻いて逃げてしまった。姑息極まりなく、違法行為をもみ消すのに必死になっているが、著作権侵害の訴追を免れると思っているところが、実に甘い。


▼悪意ある著作権侵害の実例(2)・・・

 当社玄関に某行政側から議長を始め4人がぞろぞろとやって来た。「いくら支払えば、今回の著作権侵害を大目に見てもらえるのか?」と、横着にも非礼な言葉を発した、議会議長。

 「一銭も要らぬので、社会的な制裁を受けて下さい。」と言って、玄関ドアを閉めたのだった。

 翌日、大手新聞社や地方新聞社など数社が、「第三セクタ○○○が○○企業の著作権を侵害!」と大きな見出しで取り扱ってくれたのだが、これまた、著作権侵害への認識の甘さが露呈した事件だった。


▼悪意ある著作権侵害の実例(3)・・・

 これは随分前の話だが、某地で、観光冊子が発刊されると言う。それを取りまとめたのは、某地の観光関連会社の経営者。

 話を聞くと、掲載される写真の版権処理が全くなされていないと言う。それについて苦言を呈したのだが、悪質極まりない著作権侵害事件となるだけの話で、その出版費用に血税が遣われのであれば、洒落にもならない。

 民度の低さが窺い知れる、田舎特有の著作権侵害事件である。「法の無知」とは恐ろしいもの。


▼過失により著作権を侵害した時の対応策・・・

 口先だけで謝罪をしても、著作権侵害という犯罪行為が免罪されることはないのだから、先ずは、その事実(「非」)をしっかりと認めることである。あれやこれやと言い訳しても、その事実が変わるものでもなく、特に、相手の逆鱗に触れてしまった場合は、簡単に収まる問題とはなり得ない。

 解決策として最良の選択肢は、静かなる「和解」。相手が裁判沙汰にするとか、記者会見やマスコミにより白日の下に晒されるとかの恐怖心などどうでもいい話。初動を誤ると、法を犯した者の無謀なる「防御のための迷走」へと・・・。よって、真摯に受け止め、誠意を持って対応するのが一番。

 そこで、姑息にも指摘箇所を無言で削除し証拠隠滅を図ったり、責任転嫁を臭わせたり、過失だからと甘えたりすることは、余計に墓穴を掘るばかりとなる。個人ならず法人であれば、殊の外、大事に至る。

 著作権法は、著作者や著作物を違法行為から守るためにある厳格な法律なので、その権利を侵害して、許してもらえるはずがない。ただ、ひたすら誠意を持って、双方が波風立てずに、収束に向かって努力するしかない。

 しかし、余りにも強硬姿勢にて恐喝するような相手であれば、最悪の選択肢である「裁判」にて法の裁きに甘んじる他はない。・・・勿論、無駄な時間、金銭、エネルギーだけが飛んで行く。・・・すこぶる精神衛生に悪い日々が続くばかりとなる。

 畢竟、著作権侵害とは、想定外に代償が大きいと言うことを覚悟すべきなのだ。



800_7586



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/30 12:00 am

情報アップへの警鐘

 本日は、ネット上におけるBLOGやSNSでの情報発信の手法及びそのルールについて簡単に触れたいと思う。

▼ステーキハウス淀川(淀川司朗シェフ)
INFO1


上のように店舗宣伝の為に、事前に双方の話し合いがあれば全く問題はないが、いくらSNSであるからと言って、その場に居合わせた関係者以外の第三者の写真(明らかに個人の特定ができるようなもの)は、絶対に掲載してはならない。


▼肖像権をクリアしている場合
INFO2


 上は、店舗オーナー及びスタッフのスナップ写真。この場合は、双方の意思確認が出来ている訳で、三人の写真をBLOGであろうが、その他SNSであろうが、誹謗中傷したり揶揄しない限り、そのまま掲載しても全く問題は無い。

▼肖像権をクリアしていない人が居る場合
INFO3


 しかし、上のように、シェフ以外に左から二人がお客である場合は、写真のように、個人として特定できないように、フォトレタッチアプリを使い、顔をモザイクやブラーなどで消さなければならない。その二人のお客の許諾もなく掲載していると、後々、肖像権の問題など厄介な事が起きる可能性が高いので、決して、他人の顔写真をアップするのはタブーであることを認識する必要がある。

 勿論、リゾート地で大勢の人達が海辺で遊んでいたとしても、同じ事。顔が鮮明に写っているのであれば、写真全体をつぶさに調べて、肖像権を侵害するようなものは、全て消すか、エフェクトを掛けてブロックしなければならないのだ。

▼料理の写真
INFO5


 SNSが世に誕生していない頃のレストランでは、「撮影禁止」が当たり前の時代であった。善意で料理の写真を撮ろうとしても、厳しく制止されたものだ。

 しかし、最近は違う。・・・BLOGやその他SNSで、個人的な趣味の領域で撮影する場合に、強烈に拒むレストランは極僅かとなり、それが口コミ宣伝に繋がるのであれば、逆にレストラン側が拒む理由もなく、積極的に取材や撮影を承諾してくれる処が増えてきた。

 しかし、折角自分が食した料理が凄く旨く、友人にも教えたいのであれば、少なからずともピントが合った、彩りが良い、美味しそうな料理を撮るのが理想であろうかと・・・。

▼場所が特定されるような写真を掲載する場合
INFO7


 リアルタイムにSNSにアップする場合、心しておかねばならぬのは、現在地(位置情報)の特定である。最近は頓にストーカーが急増している世の中でもあり、特に女性がリアルタイムに位置情報が判明するような写真や動画のアップは頂けない。

 本人が喜び勇んでアップするのは良いが、ストーカーには飛んで火に入る夏の虫となる。また、第三者が撮影した処で、勝手にタグられてしまうと、公然と自分の場所が判明してしまう訳で、これもまた危険且つすこぶる迷惑な情報発信のスタイルとなる。

▼特定の物を撮影する場合
INFO6


 更に、レストランやホテルなどの展示してある物やその他諸々の備品関係を勝手に撮影して、それを商用のイメージ写真などに使用するのも厳禁となる。

 著作権、肖像権などを語りはじめると、枚挙に遑が無いが、呉々も、今後の企業としての、又は、個人としての情報発信のスタイルを再検証してみたら如何だろうかと・・・。

 最後になるが、SNS利用の中で一番危惧しているのは、上記以外にもう一つある。・・・それは、自分自身の子供や孫の写真やその友人の写真を、堂々と毎日のように掲載している方が後を絶たないと言うことだ。・・・それが資産家や話題の人の家族となれば、誘拐やその他事件に巻き込まれる可能性を自ら高くしてしまうのである。・・・これも今一度、自らのSNSの活用について検証が必要ではなかろうか。

 ネットはすこぶる便利だが、個人情報の取扱、その他著作権、知的所有権などの法的重要性を認識してこそ、はじめてBLOGやSNSを使う資格があると言うものである。また、情報発信の内容次第では、自らの悪癖、資質が暴露されるので、要注意と言ったところだ。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/5 11:40 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp