The Rosetta Stone Blog

タグ » 災害大国

花を愛でる心が欲しい・・・

800_7367


 ランチを済ませて、ささっと車に乗り込み、近場で花々を楽しめるところとして「フードパル熊本」へ足を運ぶことがある。現在、春薔薇のシーズンは既に終わってはいるが、同薔薇園では、係員の方々が一所懸命世話をしているので、今でも、まばらに可愛い薔薇の花を愛でることができる。

 もし、花がなくとも、夏場の新緑を眺めるのもオススメだ。ファインダーから覗く葉芽は、とても生き生きとしており瑞々しく、抜けの良い美しさを放っている。シダ類では、ぐるぐると玉のような形状の葉芽が、こっそりと小さな手を差し出すかのように伸びている。

 先般も記事で取り扱ったことだが、現在、Nikon大好き人間サイトとギリシャの写真愛好会のサイトに登録をして、国内外の方々の作品を拝見させていただいている。こんなにもNikonやCanonの一眼レフが海外に浸透しているのは、想定外であった。想像はしていたものの、海外の方々が手持ちで構えているのは、日本製の一眼レフが圧倒的に多いのである。・・・これは、誇りだ。

 つい先ほど、熊本市富合方面の土砂崩れ避難勧告がスマホに届いた。日本列島全体が災害の渦に巻き込まれ、毎日のように、地震、火事、台風、豪雨、落雷、雪害、土砂崩れ、洪水に加え、人為的な交通事故や事件など、昔と比べ、ごま粒ほどの島国が、太平洋に浮かんだ木の葉一枚の如く、揺さぶられている。

 そんな時、最大危機管理下においても、このような花々を愛でる心も時間も必要ではなかろうかと考える次第。

 災害が続けば、人は心身ともに疲弊して、人によっては道徳心を失い、良からぬ行動に出たりするものだ。最近の事件を見ても、60代から70代の女性による毒物混入殺人事件などが後を絶たないが、保険金詐欺だったり、結婚詐欺だったり、業務上横領だったりと、足元から腐っている餓鬼のような人間も少なくはない。

 そのような人たちは、「美について」の関心も何もなく、ただ金銭を追っているのみ。よって、演出過多の人物のブログに目を通すと、花々を愛でるようなジェスチャーを見せているようだが、実際の姿は冷酷かつ鬼畜のような形相で走り回っているに違いない。・・・・・既に、人生は終わっている。

800_7365


800_7368


800_7344


DFD_7648


800_7375


▼取材風景
D60_0408



◎◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/15 03:02 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp