The Rosetta Stone Blog

タグ » 洗脳

「いいね!」稼ぎの苦肉の策か!?

tea


※写真はイメージ

 とんでもないFacebookの呟きに遭遇すると、「この人は、何の目的でこのような写真をアップし、訳の分からぬ事を呟くのだろう!?」と、数秒立ち止まり固まってしまう事がある。

 昨日遭遇したのは、見るに堪えない下着の後ろ姿。本人の店の露骨な宣伝かも知れないが、20代の若い素人女性にショーツを試着させ、背後からヒップ部分のズーム写真を撮り、その試着姿をアップしていたのである。いくら試着だ、仕事だと言っても、そこじゃなかろうと閉口してしまった。

 露出度の高い女性の写真を掲載すれば、多くの男性が集まると思い込んでいるのか(確かに妙な輩は蔓延る)、それを素材に営業に結びつけようという魂胆なのか!?・・・実に稚拙で品が無い。一端の大人、経営者が行う業ではなさそうな気がするが、本人はSNSを適切に活用していると思い込み、履き違いしている事など全く気付いていない。いや、気にしない性格なのかも知れない。

 筆者が、仮に学生に戻ったとして、前述のような親が居たらどん引きどころの話ではない。恥ずかしいやら情けないやら、親として失格というレッテルを貼ってしまうに違いない。どんなに自分の親だとしても、軽蔑の眼差しで見下してしまうだろうと。

 ネチケットに反する情報は無数にある。特に個人が特定される環境下でも、このように馬鹿げた呟きをのうのうとやっている人物も沢山居る訳だ。「どうした、日本人?」、「何を血迷っている、日本人?」と言いたくなってしまう。

 このような状態が長期に亘り続くのであれば、国が衰退しどん底に落ち込むのは時間の問題。思考回路もショートしており、人格欠損の何ものでもない。Twitterが上陸した頃は、グーを握って選挙ポスターのようなプロフィール写真を掲載した似非コンサルタントが無数に出没した事を想い出すが、Facebookにおいて個人が特定されようとも、赤恥をかきっ放しに気付かぬ人物も沢山居るのである。

 何の力量も能力も無いのに、バーチャルな世界にのめり込み、バーチャルタレントを目指す阿呆者も、この熊本市という狭いエリアでもよく見掛ける。守秘義務を無視した法律関係者も、新興宗教のようなグループも、マルチ商法の集団も、出逢い系を中心とした不埒な輩も沢山居る訳だ。

 筆者としては、できる限り歯車の狂った方の呟きや情報を閲覧しないようにしている。勿論、読む価値もなく、見るだけで鳥肌が立つだけで、日本精神文化の低迷を再認識するだけの話である。・・・本当に、大人の居ない国になってしまったようだ。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/3 02:17 am

SNSにおけるフィルタリングの重要性

coffeetime



 この頃、SNSを閲覧していて、「あ、この人、結構こんなところで癖が悪いんだ!?」と、想定外に人格が露呈するのがSNSなんだと気付いたのである。また、SNSで披露されている虚像と実像とのギャップも凄まじく、時には絶句して腰を抜かすこともある。

 筆者はどちらかと言えば、現実主義なので、そのような妄想癖、暴走壁、虚言癖のある人達のSNSを見ていると、とんでもない演出や虚偽の呟き、捏造されたストーリーなど、ウンザリするほど溢れ出ている事に直面し、改めてSNSにおけるフィルタリングの必要性を実感した次第。

 現実主義だが、筆者のような単純馬鹿は、上記のような捏造されたものを、何の抵抗もなく甘受しやすいのかも知れないが、現実と仮想現実の両世界を照合してみると、仮想現実世界における雅やかさは全くの嘘。お人の好さそうな雰囲気を醸し出していそうだが、実は虫酸が走るほど虚偽の申告をしている人物が沢山居る事を知るべきである。

 特にFacebookは個人の特定が出来るから、twitterよりも信頼度が高いと言えども、実はなりすましや虚栄の固まりの人物が多く、それは実像とは全く180度異なるもの。手を振りかざした扇動、洗脳のコンサルの表情、「いいね!」や馴れ馴れしい言葉、痒くなるほどの美辞麗句。・・・果たして、このような人達は何の為に日々SNSに浸っているのだろうかと、首を傾げるばかりである。

 個人日記を不特定多数の方々へ披露して、何気に自分世界(地球が自分の周りを回っているような錯覚)を構築し、独り言を毎日呟いている人も多い。別に個人的な問題なので悪いとは言わないが、程々にしておいた方が先々の為ではなかろうかと。身の丈を知らず、どんなに背伸びをしようが、どんなに高い梯子によじ登ろうが、所詮、自分自身の大きさは変わらない。

 極々一部の人がアフィリエイトで儲けたという噂が立つと、我先にと輩たちが飛びついて行く。また、極一部の人がBLOGで稼ぐという話を聞くと、如何にも作家になった気分で、無味乾燥な駄文を書き綴って行くのである。

 緩い関係を助長するSNSだが、この繋がりで自分自身に多くのファンが出来たとか、自分の背後にはこんなに沢山の支持者や理解者が居るとか、勘違い、履き違いだけはしない方が良い。もし、貴方が窮地に立ったとき、誰が貴方を支えてくれるのだろうか??親兄弟?同級生?先輩後輩?親戚?知人友人?・・・不正解である。

 正解は、しっかりとしたぶれない軸を持つ自分自身だけが窮地を救ってくれるのであり、健全且つ最良のリレーションシップを交わしているほんの僅かな人達が、陰ながら貴方を助けてくれる事を、確と知る必要がありはしないか。


【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/7/9 07:16 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp