ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 法律

心を映し出す水面

▼古今伝授の間にある手水鉢 NIKON Df+SIGMA 24mm モノトーンで撮影

DFD_8403



 人生、山有り谷有り。・・・誰しも歳を重ねれば重ねるほど、その山も険しかったり、気が遠くなるような深い谷だったりする。長いようで短い人生において、出来る事なら、その山もなだらかで、谷も浅いに越したことは無い。

 いくら平穏無事な日を送りたくても、有る日突然・・・不慮の事故、裏切り、罠などで、人生が滅茶苦茶になる場合もなきにしもあらず。家族や知人友人の急死・・・これは、諦めつかなくても、現実として直視しなければならない。しかし、これが心無き人間による裏切りであったり、罠であれば、正々堂々と立ち向かう以外に、自分を守ることはできないのである。

 法的に保護される事、若しくは、優位に動くのであれば、情けなどを一切掛けず、自分や家族、知人友人の命を守ることに傾注すべである。そこで、万が一、情に棹させば、相手にそれが少しでも伝わるなど、夢のまた夢。理想論として、人として温情を掛けることが美徳のように言う人も居るが、一度裏切ったり、目の前に罠を仕掛けた輩には、不要なエネルギーを消耗するだけの話だ。

 筆者の体験談ではあるが、一端の大人が泣きじゃくり仰々しく土下座までして言い訳をした人間を、今まで二人見た事がある。今思い起こせば、ジェスチャーが単に上手いだけで、心の中は腐り果て、悪質極まりない輩であった事が、遅ればせながら、後日になり判るのである。

 仕事柄、たまに写真の整理をしていると、その輩の写真がちょろんと飛び出して来ることもしばしば。凝視し、観察すると・・・当時のおとぼけトークや躾の悪さが思い出され、だらだらとした言い訳ばかりの人生を送る人間なんだろうと、逆に、悲しくなってしまうのだ。そうなれば、如何に学歴が高かろうが、多くの友人を持っていようが、全てが藻屑と化してしまうのである。

 多忙な仕事にかまけて、自分自身を客観視することを忘れることもある。・・・時には、落ち着きをもって、鏡の正面に立ち、自問自答することも大切なのかも知れない。

 先般、先見塾の写真撮影会で、水前寺成趣園の古今伝授の間に足を運び、茶室の横にある手水鉢を覗き込んだのだった。何故か、その水面にフォーカスを当てると、何とも言えない透明感と心地良い霊気を感じた。そして水面に映り込む木々の動きが、すーっと心を落ち着かせてくれたのだった。・・・有り難いことである。


DFD_8405



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/1/19 03:40 pm

情報アップへの警鐘

 本日は、ネット上におけるBLOGやSNSでの情報発信の手法及びそのルールについて簡単に触れたいと思う。

▼ステーキハウス淀川(淀川司朗シェフ)
INFO1


上のように店舗宣伝の為に、事前に双方の話し合いがあれば全く問題はないが、いくらSNSであるからと言って、その場に居合わせた関係者以外の第三者の写真(明らかに個人の特定ができるようなもの)は、絶対に掲載してはならない。


▼肖像権をクリアしている場合
INFO2


 上は、店舗オーナー及びスタッフのスナップ写真。この場合は、双方の意思確認が出来ている訳で、三人の写真をBLOGであろうが、その他SNSであろうが、誹謗中傷したり揶揄しない限り、そのまま掲載しても全く問題は無い。

▼肖像権をクリアしていない人が居る場合
INFO3


 しかし、上のように、シェフ以外に左から二人がお客である場合は、写真のように、個人として特定できないように、フォトレタッチアプリを使い、顔をモザイクやブラーなどで消さなければならない。その二人のお客の許諾もなく掲載していると、後々、肖像権の問題など厄介な事が起きる可能性が高いので、決して、他人の顔写真をアップするのはタブーであることを認識する必要がある。

 勿論、リゾート地で大勢の人達が海辺で遊んでいたとしても、同じ事。顔が鮮明に写っているのであれば、写真全体をつぶさに調べて、肖像権を侵害するようなものは、全て消すか、エフェクトを掛けてブロックしなければならないのだ。

▼料理の写真
INFO5


 SNSが世に誕生していない頃のレストランでは、「撮影禁止」が当たり前の時代であった。善意で料理の写真を撮ろうとしても、厳しく制止されたものだ。

 しかし、最近は違う。・・・BLOGやその他SNSで、個人的な趣味の領域で撮影する場合に、強烈に拒むレストランは極僅かとなり、それが口コミ宣伝に繋がるのであれば、逆にレストラン側が拒む理由もなく、積極的に取材や撮影を承諾してくれる処が増えてきた。

 しかし、折角自分が食した料理が凄く旨く、友人にも教えたいのであれば、少なからずともピントが合った、彩りが良い、美味しそうな料理を撮るのが理想であろうかと・・・。

▼場所が特定されるような写真を掲載する場合
INFO7


 リアルタイムにSNSにアップする場合、心しておかねばならぬのは、現在地(位置情報)の特定である。最近は頓にストーカーが急増している世の中でもあり、特に女性がリアルタイムに位置情報が判明するような写真や動画のアップは頂けない。

 本人が喜び勇んでアップするのは良いが、ストーカーには飛んで火に入る夏の虫となる。また、第三者が撮影した処で、勝手にタグられてしまうと、公然と自分の場所が判明してしまう訳で、これもまた危険且つすこぶる迷惑な情報発信のスタイルとなる。

▼特定の物を撮影する場合
INFO6


 更に、レストランやホテルなどの展示してある物やその他諸々の備品関係を勝手に撮影して、それを商用のイメージ写真などに使用するのも厳禁となる。

 著作権、肖像権などを語りはじめると、枚挙に遑が無いが、呉々も、今後の企業としての、又は、個人としての情報発信のスタイルを再検証してみたら如何だろうかと・・・。

 最後になるが、SNS利用の中で一番危惧しているのは、上記以外にもう一つある。・・・それは、自分自身の子供や孫の写真やその友人の写真を、堂々と毎日のように掲載している方が後を絶たないと言うことだ。・・・それが資産家や話題の人の家族となれば、誘拐やその他事件に巻き込まれる可能性を自ら高くしてしまうのである。・・・これも今一度、自らのSNSの活用について検証が必要ではなかろうか。

 ネットはすこぶる便利だが、個人情報の取扱、その他著作権、知的所有権などの法的重要性を認識してこそ、はじめてBLOGやSNSを使う資格があると言うものである。また、情報発信の内容次第では、自らの悪癖、資質が暴露されるので、要注意と言ったところだ。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/5 11:40 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp