ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 法の無知

口コミサイトで誹謗するのは愚の骨頂!

FROG


 或る方から、とても頭を痛めていると相談があった。それは、口コミサイトでの嫌がらせ、鬱憤ばらしのような悪質な呟きである。

 一つ一つを検証すると、嘘の上塗りのようなストーリーを語り尽くしたものだった。「二度と行かない・・・」と言うのならば、将来的に接点はないのだから、敢えて公然の場にて呟く必要はない。矛先を向けた相手の店名は公開され、自分自身は御多分に洩れず「匿名」である。情けないほど、卑怯者である。

 匿名だからと言って、口コミサイトで罵詈雑言を書き殴る人は、愚の骨頂だ。それらが、直接間接的に相手の名誉毀損や業務妨害に繋がる危険性がすこぶる高いことを学ぶべきであり、それが読めないのだから、その人物の民度の低さが窺い知れる。法の無知の最たるものとなる。

 クレームをつけたければ、その現場で、冷静に事の発端や経緯を説明し、自分の気持ちをダイレクトに伝えれば良いだけの話となる。公然と他人の誹謗や揶揄をするのは、天に向かって唾を吐くようなものであり、その人物の信用は周囲の人から失墜するに違いない。何故なら、周囲の友人や知人のことも、安易に公然の場で誹謗する可能性が高いからだ。

 時に、「さくら」を使って、競合相手が不利になるような文言を並べ立てている人や会社も少なからず存在する。自由競争の世の中で、正々堂々と競争できないから、姑息なことをするのだろうが、人として如何なものかと。日頃から、信憑性のない口コミサイトで情報を得ている人は、気付かぬ内に「ガセネタ」を摑まされているに違いない。何とお粗末なデジタル世界なのだろうと・・・。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/16 12:00 am

著作権を守らぬ人は・・・

kaitsuburi


 著作権を守らぬ人は、いい加減な人だったり、信用に値しない人が圧倒的に多い!

 ★分からなかったら、適当に使っても大丈夫だろう!
 ★この程度なら、大したクレーム付かんだろう!
 ★貰ったんだけど、ヤフオクなんぞで売ってやれ!
 ★「書」の下、印の部分だけ外して、使ってみよう!
 ★他人の写真だが、トリミングなどエフェクト掛けて使ってみよう!
 ★他人のYouTube動画ダウンロードして、改竄して再UPしよう!

 ・・・・・

 長年、会社経営をしてきた中で、何度も著作権侵害を受けたことがあった。しかし、こちらからの指摘に対して、誠意をもって対応したのは、優良企業のみ。大した問題ではなかったが、優良企業だからこそ、過失を真摯に受け止め、先方から何度も足を運び、謝罪や詫び状を頂き、更には、仕事の繋がりなど、勿体無いほどのご提案もあった。

 されど、堂々と著作権侵害した個人や第三セクタなどの代表や担当者は、黙してさっさと逃げるばかり。それに加担したコーディネータもまた同様に黙して語らず。ひたすら逃げるのである。常識のなさ、人格欠損が浮き彫りとなるばかり。

 商品開発やネーミングなど、特に、著作権や商標登録などの事前調査を行い、慎重にやるべき問題だが、田舎に行けば行くほど、著作権を軽視し、勝手に真似たり、そのまま使ったりと、大胆不敵な違法行為が絶えないのは事実。前述のように、発覚すると黙して逃げる。いい大人が、自分の責任を果たさず、一目散に逃げるのである。平気で違法行為をごまかして逃げるのだ。

 現在、著作権に関しては、その侵害行為は犯罪として厳しく処罰され、保護されるようになった。しかしながら、地方においては、まだまだ犯罪行為である認識さえも欠落している人の方が、圧倒的に多いのは如何なものかと・・・。


◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/16 12:02 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp