ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 水辺

小鷺の羽繕い・・・

500_2634


 小鷺はとても可愛い。水面から飛び立ち、少々背の高い木の上にとまり、羽繕いを始めたようだ。風が強いので、足はしっかりと枝を掴み、微動だにせず、黙々と羽繕いをしている。古い映画「七年目の浮気」のマリリン・モンローを思い起こさせるような、純白のドレスが風に靡く。

 撮影中に、1本の羽をクチバシにくわえたかと思うと、それを放ち、羽が風に乗って飛んで行った。たまたま、連写をしていたので、その一本の羽が宙に浮く瞬間を撮ることができた。

 目の前をジョギングしている人、自転車に乗る人、カメラのシャッターを切る人、テレビ局の取材クルー・・・ずいぶん大勢の人間が横切って行ったが、その小鷺は全く気にする様子もなく、長時間羽繕いに専念していた。

 話は変わるが、本日の取材機材はちょっと変わった組み合わせで臨んだ。

 以下の通り。

 (通常)NIKON D500+SIGMA 150-600mm=900mm相当
 (今回)NIKON D500+SIGMA 70-200mm f2.8+tele x2=600mm相当

 元々は、70-200mmは明るいレンズ。細身でフットワークの良いものだが、テレコン2倍を取り付け、600mmの望遠よりも近場も撮れる。しかし、見た目よりもかなり重い組み合わせとなってしまい、テレコン装着で逆光にも弱くなったようで、最後まで納得の行く写真が撮れなかった。

 考えてみれば、通常のシンプルな組み合わせの方が、逆にフットワークが良かったような・・・。

 
500_2649


500_2650


500_2648


▼取材ランチ:熊本ホテルキャッスル 九曜杏の「チーズ入りハンバーグ」ほか
IMG_0390


▼取材風景
D60_6411



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/2 12:00 am

江津湖の野鳥たち・・・

▼江津湖のオオバン
500_1167


 先般、加勢川で出逢ったオオバン。今日は、江津湖へと足を運び、野鳥たちを観察しながら、撮影していった。思ったより、オオバンの数が多い。勿論、オオバンが水中から採ってきた水草を狙う鴨軍団もオオバンの近いところに陣取っていた。

 オオバンは何度も何度も水中に潜り、とても旨そうな水草を採ってくる。江津湖は日々メンテナンスを施されているのか、とても水が澄み切っている。以前、水面を埋め尽くしそうになっていたウォーターレタスなどの浮き草は、ほとんど除去されていた。

 今回、その浮き草に乗っかった野鳥を狙っていったのだが、貸しボート屋さんも定休日で、水面すれすれからの撮影を断念し、中の島へ橋を渡り、熊本地震で崩れたところなどの規制線を遠回りしながら、散歩方々撮影をしていった。

 オカヨシガモの姿もある。他の野鳥とは違い、岸辺近くの狭いところで、のんびり過ごしていた。そして、必ずといって良いほど、現地の野良猫が前足を揃えて、周囲の様子を見ている。桜耳の猫だったが、毛並みが良いので、毎日、良い食事にありつけているのだろうと・・・。

 次回は、足漕ぎボートに乗って、水面すれすれからの野鳥の動画も撮影できればと・・・。


▼潜りが上手なオオバン
ooban


▼オカヨシガモ
500_1222


▼飛び立つヒドリガモ
hidori


▼日向ぼっこしている野良猫
500_1243


▼本日の取材ランチ・・・お肌ぷるぷる美肌鍋(熊本ホテルキャッスル 九曜杏)
IMG_0026


▼取材風景
D60_5667



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/26 10:22 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp