ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 水滴

水玉の魅力・・・

D75_1072


 梅雨に入り、雨が続く。だったら「水玉」を撮せば良いかと思い、バリバリと撥水する玻璃面の水玉を下から撮すことにした。

 常に動き続ける水玉。雨は遠慮なくバシャバシャと降っているので、小さい水玉が隣の水玉と結合し大きくなったり、流れ動いている。よく見ると、水玉の表面には大きな木々が見えるので、その水玉に映り込む木々を意識して撮影して行った。

 しかし、水玉に映り込む写真なんて在り来たりなので、面白みがない。よって、雨粒が玻璃面を叩く寸前を撮してみることにした。水滴が水面に落ちるクラウンの映像の裏側ってことだ。

 撮影した写真を見ると、お世辞でも美しいとは言えないが、アメーバーが超音速で動く一瞬間を捉えたもののようで、何となく得した気分となり保存したのであった。まあ、自己満足の世界ではあるが・・・。

 写真は本当に面白い。特に、夏場になってくると・・・水玉、飛沫などに光を織り込んで写したい気持ちが、いやに強くなって行くのである。

 
D75_1073


D75_1074


▼蓮の葉にコロコロと乗っている水玉(熊本県立装飾古墳館近くの蓮園にて)
DFD_6692


▼以下三枚の写真は、八景水谷公園にて撮影したもの
kid3


shirasagi5


kamo9



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/6 12:38 am

雨の日の撮影・・・

D75_8279


 雨の一日となると、いつも、取材先の選定で頭を痛めてしまう。

 本日は断続的なスコールのような雨が降ったり、小雨が散らついたりと、不安定な一日だった。よって、芝居小屋の内部の撮影でもと思ったものの、往復の移動時間を考えれば、近場で雨を凌げる場所を考えた・・・。

 薔薇の季節も既に終わり、色鮮やかな瑞々しい花々が咲き乱れている処は皆無である。日照りだったり豪雨だったりで、花たちもとても辛い思いをしているに違いない。せっかく咲いても干からびている小さな花々が多かった。

 今回ラッキーだったのは、小さな蝶が雨宿りで、葉の裏側でじっとしているところを発見!マクロレンズなので、息を殺して静かに近づき、撮影することができた。晴れた日であれば、落ち着きなく飛び回るが、撮影が終わるまでじっとしていた。

 しかし、贅沢を言うことができるのならば、写真最後のように、明るい野原で飛び回る蝶たちを追いたいものだと・・・。


D75_8228


D75_8237


D75_8258


D75_8243


▼先般、走り回りながら撮影した蝶たちのランデブー
D750-70-200mm-21


▼撮影風景(photo by Assistant photographer)
D60_2079



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/8 01:03 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp