The Rosetta Stone Blog

タグ » 椿

椿散る、野鳥園。

D75_2552


 椿の花は、昔から牡丹の花と同様に、首が落ちるイメージがあるのか、不吉な印象を持たれていた時代もあった。

 しかし、色気ある口紅を彷彿させる紅色の花弁は、周囲の緑に映え、特に、熊本県立美術館傍の野鳥園は一面に苔が生えており、光と影の共演を楽しみながら、紅の花々の撮影が可能となる。

 最近、カメラとレンズの組み合わせ実験にて、2日続けて同園に立ち寄った。今の季節は、とても空気が気持ちよく、蚊などの虫も少ないので、園内の椿やその他の木々をゆっくりと撮影することができた。

 同園は、あまり人が足を運ぶところではない。ただ、カメラ大好き人間にとっては穴場となる。メジロやセキレイなどが飛び交い、超望遠を持ち込めば、彼らと鬼ごっこしながらの撮影を楽しむこともできる。

 ちなみに、周囲には熊本城の二の丸、三の丸、旧細川刑部邸などの駐車場があるので、散歩方々立ち寄るのも宜しいかと・・・。喉が乾けば、熊本県護国神社の入り口に自販機があるので、何なりと調達できる。


D75_2558


850_2366


850_2370


850_2372


850_2375


850_2383


850_2385


850_2402


850_2403



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/11 02:16 am

不思議な八景水谷の看板・・・

600_9941


 先日、八景水谷(はけのみや)公園の椿を撮影に行った時のこと。帰り際に、新しい看板が有ったので、何気に1枚撮影して戻ったのだった。

 オフィスへ戻り写真を整理していると、どうも、看板の地図が、筆者の立ち位置からすると、左右反対に見えるのである。(地図のNは、立ち位置から見ると右手南を指している)

 立ち位置から左手に進めば、奥に水の科学館や湧水池があるはずだが、この地図では右手に描いてある。

 きっと、看板設置位置は決まっていたものの、地図の発注が逆さまになっていたのか・・・この看板が道向かいに立ててあれば問題はない。

 真っ新な看板なので、作り直すのは勿体無く、できれば移設すれば宜しいかと。一応、日曜日ではあったが、水の科学館へ連絡をしておいた。

 筆者の勘違いであれば良いのだが・・・。


▼写真は看板近くの椿の花々
600_9907


600_9913


600_9916



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/25 03:36 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp