ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 検索エンジン対策

実証・ロゼッタストーンSEO戦略

800_5415



 1995年8月22日に、当社が管理運営するロゼッタストーン公式サイトが誕生した。当時、熊本県では第1号サイトとして脚光を浴び、県内ITを牽引し、現在に至っている。

 今回、同ポータルサイトによるSEO戦略を検証することにした。以下のように、検索エンジン最高峰のGoogleにて、ロゼッタストーン正規会員である「やまもとや」、「えのきぞの」、「榎園豊成」や、コンサル契約をしている「鹿央物産館」、先見塾生の「牛崎英司」、熊本市第1号上水道の「八景水谷公園 白鷺」、更には、ロゼッタストーン非会員の「熊本ホテルキャッスル 料理」で検索を試みた。

 「やまもとや」は、昨年の11月9日に公式サイトを製作し、その後、ロゼッタストーン上で記事を掲載し、僅か3ヶ月にて、Googleにて公式サイトが最上位に抽出され、「画像」をクリックすると、じわじわと上位にランクアップされている。(Yahoo JapanもGoogleのエンジンを使用している)

◎「四季の味 やまもとや」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoya&view=listLink

 「えのきぞの」もまた、昨年の9月19日に公式サイトを製作し、同様に、ロゼッタストーン上で記事を掲載し、5ヶ月弱にて、Googleにて公式サイトが最上位に抽出され、「画像」をクリックすると、最上位から数枚の写真を見ることができる。

◎「えのきぞの」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizono&view=listLink

 ここで「えのきぞの」の料理長である「榎園豊成」さんで検索することに。Googleでは最上位から公式サイトのURL、その下にはロゼッタストーンのニュースがずらりと抽出される。「画像」をクリックすると、以下の写真の通り、1、2、4フィニッシュとなっている。

 その他、上の要領で、「鹿央物産館」、「牛崎英司」、「八景水谷公園 白鷺」、「熊本ホテルキャッスル 料理」と、次々に検索を試みてみた。結果は、以下の写真群の通り、特に、「八景水谷公園 白鷺」ではロゼッタストーンのニュースが圧倒しており、「熊本ホテルキャッスル 料理」では、「画像」をクリックすると、最上位にロゼッタストーン上に掲載されている写真が抽出されてくるのである。

◎「鹿央物産館」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kao&view=listLink

 1995年のロゼッタストーン公式サイトの合言葉は「日々変化、日々進化。」となる。よって、SEO戦略については、競合他社とは比較にならぬほど、クオリティの高い映像と共に、検索エンジンに抽出されるということが実証されたことになる。

 当社は「営業をしない会社」として28年歩んできたけれども、ネット事業に着手して23年。メタタグ云々などの机上の空論的な小手先のものとは異なり、徹底したクライアントとのFACE TO FACE取材を通して、比類なき独自のSEO対策を展開している点が自負するところとなる。勿論、取材依頼のないクライアントについては、露出度が若干落ちるのは残念なことではあるが・・・。

▼Googleにおいて「やまもとや」で検索
yamamotoya-1


yamamotoya-2


yamamotoya-3



▼Googleにおいて「えのきぞの」で検索
enokizono-1


enokizono-2


enokizono-3



▼Googleにおいて「榎園豊成」で検索
enokizono-4


enokizono-5


enokizono-6



▼Googleにおいて「鹿央物産館」で検索
kao-1


kao-2


kao-3



▼Googleにおいて「牛崎英司」で検索
ushizaki-1


ushizaki-2


ushizaki-3



▼Googleにおいて「八景水谷公園 白鷺」で検索
hakenomiya-1


hakenomiya-2


hakenomiya-3



▼Googleにおいて「熊本ホテルキャッスル 料理」で検索
castl-1


castl-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/12 04:56 am

ネット検索の真髄・・・

1


 異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」では、取材した記事が、如何に、取材された企業、人、商品などの露出度を上げるかに尽力し、長年の間(since 1995)、地道にその実績を積み重ねています。

 今回、「牛崎英司(うしざきえいじ)」さんを例に挙げてみます。

 先ず、Googleで「牛崎英司」(天草市にある某ホテルの凄腕シェフ/弊社クライアントではありません)と検索してください。僅か、0.57秒(今回の検索でかかった時間)で、最上位から「ロゼッタストーン」に掲載された記事がずらりと並んでいるはずです。

2



 更に、画像検索に切り替えると、再び、「ロゼッタストーン」に掲載されている人物写真、料理写真などが、同様に最上位からずらりと抽出されます。

3


 大抵、企業公式サイトでは、企業内で活躍し、常に縁の下の力持ちで支えている人たちの姿は露出していない傾向にあります。人気料理なども同様に、表に出ているようで、日々情報発信に力を入れていない限り、自社サイトの料理写真を目にすることはありません。

 そこが、如何に公式サイトであったとしても、検索エンジン(ネット世界の最重要ゲート)における、露出度や存在のなさを目の当たりにすることになります。単なるチラシやパンフレットをそのまま掲載したような公式サイトは、コンパクトで美しそうですが、コンテンツとしては面白みがなく、露出度もほどんどないという結果に終わるのです。

 当社が維持管理しているポータルサイト「ロゼッタストーン」は、「人」が常に主人公であり、その活躍ぶりや作品などが、ストレートにネット上で検索されるよう、1995年以来「アグレッシブな取材」をモットーに、運営して参りました。

 「ロゼッタストーン」のクライアントであってもなくても、その情報がみなさんのお役に立つことが、メディアとしての本来の役割、姿であります。巷では、広告段数の高いクライアントの神輿記事が多々ある中、「ロゼッタストーン」では、公正中立な立場で、常に、信憑性の高い情報を記事として掲載し、情報発信に尽力しています。

 蛇足ではありますが、個人事業主の場合、第三者から「あなたの情報は、ネットでどうサーチすればいいのですか?」と聞かれて、「私の氏名で検索してください!」とサラリと言えれば、SEOは全く申し分ありません。

 個人事業者であれば、ご自分の氏名で検索してみて下さい。無数に存在する情報の中から、どれだけ自社業務のディテールや自分自身がどれだけ抽出されるかを・・・。安い質の悪いサーバーに搭載されたコンテンツは、どんなに制作費に経費を掛けたとしても、それは静かに埋もれ腐っているものが多いものです。

 残念ながら、多くの中小企業の経営者、個人事業主などは、それに気付かぬまま、ネット事業と本業をジョイントしようとしているに過ぎないのです。

 余談ではありますが、同じようにGoogleで「熊本ホテルキャッスル 料理」で検索されて、画像をご覧ください。最上位から多数の料理写真が抽出されるのですが、実は、「ロゼッタストーン」が取材した記事で掲載された写真なのです。これは何を物語っているかは、言わずもがな。

 ※熊本ホテルキャッスルは、熊本県内最高峰のシティホテル。

 畢竟、ネット事業は大変奥深いものであり、「たかがネット?」と見下してはなりません。・・・現代社会における「最強の武器」でもあることを、再認識しなければならないのです。


▼牛崎英司シェフが創り出す料理の一部写真
4


5



6



◆異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/14 01:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp