The Rosetta Stone Blog

タグ » 本丸御殿

先見塾撮影会・・・

castle1


 本当にひさし方ぶりの先見塾撮影会。ステーキハウス淀川の淀川司朗店主も参加した。

 正午に熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏に集合。先ずは、腹ごしらえ。互いの健康を考え、ローカロリーの「お肌プルプルランチ」を食し、各人望遠レンズを装着して、宇土櫓を目指した。

 同ホテル玄関を出ると灼熱の太陽が頭上にあった。ほとばしる汗。筆者は汗かきなので、前もって着替えを持参してきたものの、NHK熊本放送局横を通る時に、1回目の汗拭きタイム。それから、KKRホテル熊本の向かいにある急な坂道の途中で2回目。更に、加藤神社前で3回目。そして、宇土櫓や大天守、小天守を撮影しながら4回目。更に、加藤神社内に入り、5回目の汗拭きタイムとなった。

 アンダーシャツもシャツも、絞れば洗面器いっぱいになるほどの汗をかいたのではなかろうか。途中、何度も水分補給をしたので、疲れはまったくなかったが、ホテル玄関に戻り、車のエンジンを掛けてみると、車内温度が44℃と表示されていたので、予想以上に陽射しが強かったのだろうと。

 今回の取材中に、オモロイ事が二つあった。一つは、イングランドからやってきた家族連れだ。サングラスを掛けた男性に声を掛けてみた。泊まりは長崎で、家族で熊本城を見に来たらしい。震災に遭った城に驚いたようだが、約400年前の震災の話などをして、別れの挨拶をしたのであった。インバウンドでの海外からの送客が途切れた熊本。しかし、このように、ヨーロッパからツアー客が来てくれるとは、大変有り難いものだ。

 二つ目は、宇土櫓前にいたアジア系の女性。500mmの超望遠レンズ(単焦点レンズ)を装着した、どでかい一眼レフカメラを手持ちで撮っていたのだった。5kgほどあろうか、流石に重そうだ。小柄な女性なので、余計にそのレンズが大きく感じる。しかし、手持ちで撮っている姿は勇ましく、頼もしく見えた。

 思いの外、外国人の観光客が熊本城に足を踏み入れていることに驚いたけれども、今の悲惨な状況をより多くの方々に知ってもらうことで、国内外において熊本城の存在はより大きなものとなるに違いない。400年ぶりの大地震も後世に残る歴史的な災害だ。完全復旧まで何十年掛かるのか定かではないけれども、無惨にも、瓦や壁が落ち、石垣が崩壊した熊本県民のシンボルだが、本日は、いつもより威風堂々と見えて仕方なかった。

 
castle2


castle4


castle3



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/6 12:00 am

震災から2ヶ月経った熊本城(4)

▼宇土櫓

800_2787


 見るも哀れな、戌亥櫓(写真下)。筆者が大好きな櫓の一つだが、無残な姿に変わり果てていた。

 櫓自体はどうにか立っているものの、その左側の石垣はほぼ全滅状態。櫓を支える石垣も内臓を抉られたかのように、ぽっかりと穴が開き、左手のわずか1本の石の柱が、健気にも崩壊を防いでくれていた。

 ワイドレンズで戌亥櫓から城郭全体を撮影すると、また、趣が異なり、美しい熊本城全景を見ることができるのだが・・・。実に残念な結果となった。

 震災の恐ろしさを知らされた今回、これから復興への道は遠いけれども、何とか1日でも早く震災前の威風堂々とした熊本城を眼前にしたいと願い、今回の取材を終了することにした。

 しかし、熊本ホテルキャッスルから久しぶりに宇土櫓まで足を運び入れ、日頃から運動不足解消のコースとしていたので、楽しみが一つ戻ったようで、帰りは汗だくとなっても、心地よい取材となったのである。


▼戌亥櫓
800_2792


800_2801


800_2819


800_2805


800_2851



                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/6/20 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp